COVIDの苦境、弱い需要が犠牲になるため、中国の貿易は2年半で最悪の不振に見舞われる


  • 中国の輸出は2020年2月以来最悪、予測ミス
  • 需要の低迷により、輸入は2020年5月以来最も急激に減少
  • 世界経済の減速、中国の新型コロナウイルスによる大きな圧力
  • 政治局会議は 2023 年の内需の主な要因を指摘、アナリストは言う

[北京 7日 ロイター] – 11月の中国の輸出入は少なくとも2年半ぶりの急激なペースで縮小した世界第2位の経済大国。

景気後退は市場が予測したよりもはるかに深刻であり、経済学者は輸出がさらに減少する期間を予測しており、インフレを抑えるための中央銀行の積極的な動きに対応して消費者や企業が支出を削減するにつれて、世界貿易が急激に後退することを強調しています.

水曜日の公式データによると、11月の輸出は前年比8.7%減少し、10月の0.3%の損失からさらに急落し、2020年2月以来最悪のパフォーマンスを記録した。 3.5%の下落というアナリストの予想を大きく下回った。

北京はパンデミック時代の厳しい制限の一部を緩和しようと動いているが、インフレの急増、多くの国での大幅な利上げ、そしてウクライナ危機が世界経済を不況の瀬戸際に追いやったため、8月以降、アウトバウンド出荷は勢いを失っている.

キャピタル・エコノミクスのシニア中国エコノミスト、ジュリアン・エバンス・プリチャード氏はリポートで、輸出は今後数四半期でさらに縮小する可能性が高いと指摘。

「アウトバウンド出荷は、(中国の)ウイルス制限の緩和から限定的な後押しを受けるだろう。これは、メーカーが注文に応じる能力に対する主要な制約ではなくなった」と彼は述べた.

「はるかに大きな影響は、パンデミック時代の需要の反転と来るべき世界的不況による、中国製品に対する世界的な需要の減少です。」

中国経済への圧力の拡大に対応して、国営メディアは水曜日に、前日に開催された与党共産党のハイレベル会議で、2023年の政府の焦点は成長の安定化、内需の促進、対外開放にあると強調したと報じた。外の世界。

国泰君南国際のチーフエコノミスト、ハオ・ジョウ氏は「昨日開催された政治局会議は、内需が来年の成長の主な原動力であると指摘しており、財政政策は引き続き積極的に需要を支えるだろう」と述べた。

ロイター・グラフィックス

「でこぼこの再開」

ほぼ 3 年間にわたるパンデミックの制御は、経済に大きな打撃を与え、中国では広範囲にわたるフラストレーションと疲労を引き起こしました。

広範囲にわたる COVID 抑制は、輸入業者にも打撃を与えています。 インバウンド出荷は、10 月の 0.7% の減少から 10.6% と大幅に減少し、予測の 6.0% の減少よりも弱かった。 景気後退は 2020 年 5 月以来最悪であり、比較のための前年度のベースが高かったことも一部反映しています。

11月の輸入は大豆と鉄鉱石が前年同月を下回り、原油と銅が増加した。

これにより、貿易黒字は 10 月の 851.5 億ドルから 698.4 億ドルに縮小し、上海が封鎖された 4 月以来の低水準となった。 アナリストは、781 億ドルの黒字を予測していました。

政府は、銀行が準備金として保有しなければならない現金の量を削減し、不動産セクターを救済するために融資制限を緩和するなど、ここ数か月にわたって一連の政策措置を展開することで、経済成長の鈍化に対応してきました。

しかし、アナリストは、パンデミック対策の本格的な緩和にはさらに時間がかかり、内外の需要は依然として弱いため、これらの措置が迅速な結果をもたらす可能性について懐疑的です。

多くの企業が回復に苦戦している一方で、中国および世界の工場活動に関する先週の調査では、今後さらに数か月のハードグラインドが示唆されました。

アップルのサプライヤーであるフォックスコン (2317.TW) は、鄭州にある世界最大の iPhone 工場での COVID コントロールに関連した生産上の問題の後、11 月の売上高が前年比で 11.4% 減少したと述べた。

エバンス・プリチャード氏は、「新型コロナウイルスゼロからの脱却と不動産セクターへの支援強化は、最終的には国内需要の回復を後押しするが、おそらく来年後半まで回復しないだろう」と述べた。

中国人民元は今年すでに大幅に下落しており、世界的に金利が急速に上昇している時期に国内で多額の金融刺激策を講じると、大規模な資本流出が引き起こされる可能性があるため、政策立案者の操作の余地も限られています。

ウクライナ戦争は、世界的にすでに高いインフレを引き起こし、地政学的な緊張を高め、ビジネスの見通しをさらに悪化させました。

中国経済は、今年の最初の 3 四半期でわずか 3% しか成長せず、年間目標の約 5.5% を大きく下回りました。 通年の成長率は、アナリストによって 3% 強と広く予想されています。

ピンポイント・アセット・マネジメントのチーフエコノミスト、Zhiwei Zhang 氏は、中国の「でこぼこの再開」プロセスについて警告した。

「2023年に世界の需要が弱まるにつれ、中国は内需にもっと頼らざるを得なくなるだろう」と彼は言った。

エレン・チャンとライアン・ウーによる報告。 Shri Navaratnamによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link