イタリア、日本、英国が 2035 年までに新型戦闘機のプロジェクトを統合 | 軍事ニュース


この計画は、ロシアのウクライナ侵攻とアジア太平洋地域での地政学的緊張の高まりを背景に発表されました。

イタリア、日本、英国は、第二次世界大戦以来、米国を超えた日本の最初の主要な産業防衛協力を示すパートナーシップで、戦闘機開発プロジェクトを統合する計画を発表しました。

この協定は、テンペストとしても知られる英国主導のフューチャー コンバット エア システム プロジェクトと日本の FX プログラムを組み合わせることにより、2035 年までに先進的な最前線の戦闘機を運用することを目指している、と 3 か国は金曜日の共同声明で述べた。

このコラボレーションは、Global Combat Air Program (GCAP) と呼ばれます。

「ルールに基づく自由で開かれた国際秩序を守ることに全力を尽くします。これらの原則が争われ、脅威と攻撃が増大している現在、これはかつてないほど重要です」と、3 人の首脳は声明で述べた。

この合意は、中国が台湾周辺での軍事活動を強化する中で行われた。台湾は自国の領土であると主張しており、紛争中の南シナ海では、北京が建設した人工島に軍事施設を建設することで、その広範な主張を強化しようとしている。

北東アジアは北朝鮮にも取り組んでおり、北朝鮮は今年、核兵器の実験が近いことを懸念して前例のない数のミサイル発射を行った。

平和主義憲法を持つ日本は、今後5年間で防衛費を倍増させ、国内総生産(GDP)の約2%にすると予想しているとすでに発表している。

声明によると、このプロジェクトは「同盟国とパートナーを中心に」設計されており、米国、ヨーロッパ、NATO、およびアジア太平洋における「将来の相互運用性」を備えているとのことです。

「我々は、この航空機が複数のドメインにわたって機能するより広い戦闘航空システムの中心となるという野心を共有しています」と声明は述べています。

NATO加盟と日本との別個の安全保障協定を通じて3カ国すべてを守ることを約束した米国も、日欧合意を歓迎した。

米国防総省は防衛省との共同声明で、「米国は、英国やイタリアを含む志を同じくする同盟国やパートナーとの日本の安全保障と防衛協力を支持する」と述べた。



Source link