ジャージー島で爆発、3人死亡、数人行方不明


[ロンドン 12月10日 ロイター] – フランス北部のジャージー島にあるアパート群で土曜日の早朝に爆発が起こり、3人が死亡、約12人が行方不明になっている。

ジャージー州警察のロビン・スミス最高責任者は記者会見で、「残念ながら、現在、3人の死者が出ています。

爆発は 0400 GMT の直前に発生し、その後消火されました。 スミス氏によると、救急隊は夜通し生存者の捜索を続けるという。

彼は、住民がガスの臭いを報告した後、爆発の前の金曜日の夜に消防隊が施設に通報されたことを確認した. 爆発の原因についてはコメントせず、調査の対象になると述べた。

スミス氏は、島の首都セント・ヘリアの港の近くにある 3 階建ての建物が完全に崩壊したと語った。

彼は、20人から30人が避難し、2人の「歩いている負傷者」が病院で治療を受けていると述べた.

ジャージーは英国王室属領で、人口は 10 万人強です。

ウィリアム・ジェームズによる報告。 ケイト・ホルトンによる追加報告。 アレックス・リチャードソンとクレリア・オジールによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link