セルビア、コソボにセル​​ビア軍と警察を配備するようNATOに要請


[ベオグラード 10日 ロイター] – セルビアはNATO平和維持軍に対し、コソボにセル​​ビア軍と警察を派遣するよう要請するが、その要請が承認される可能性はないと考えている、とアレクサンドル・ヴチッチ大統領は土曜日に述べた。

Vucic は、ベオグラードでの記者会見で、NATO 軍 KFOR の司令官への手紙で要求を行うと語った。

Vucic の発言は、コソボ当局と、アルバニア人が多数を占めるコソボの北部地域で過半数を占める地元のセルビア人との間の相次ぐ事件の後に行われた。

ベオグラードでの記者会見でヴチッチ氏は、「KFORの司令官に、セルビア共和国の軍隊と警察要員をコソボとメトヒヤの領土に確実に配備するよう要請する」と述べた。 彼は、その要求が受け入れられるという「幻想はない」と述べた.

ベオグラード政府は月曜日か火曜日にこの文書を正式に採択するだろう、と彼は言った。

アルバニア人が多数を占めるコソボを保護するためにNATOがセルビアに介入した1998年から1999年の戦争を終結させた国連安全保障理事会決議の条項の下で、ベオグラードがコソボへの軍隊の配備を要求したのはこれが初めてだろう。

決議によると、セルビアは、KFORの司令官によって承認された場合、最大1,000人の軍、警察、税関職員を、正教会のキリスト教の宗教施設、セルビア人が過半数を占める地域、および国境検問所に配備できるとされています。

合意された時点で、コソボは国際的にセルビアの一部として認められていました。 西側諸国の支援を受けて、コソボは 2008 年に独立を宣言しましたが、この宣言はセルビアによって承認されていません。

Aleksandar Vasovic によるレポート Peter Graff による編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link