他の指導者とのゼレンスキーの会談は、ウクライナをめぐる外交の慌ただしさを示している


[キエフ 12日 ロイター] – ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は12日、米国のジョー・バイデン大統領やトルコ、フランスの指導者らと会談した。

ゼレンスキー氏は毎晩のビデオ演説で、「私たちは常にパートナーと協力している」と述べ、ウクライナの状況に取り組む一連の国際イベントから、来週いくつかの「重要な結果」が得られることを期待していると付け加えた。

ゼレンスキー大統領は、ロシア軍が2月末に侵攻して以来、バイデン、フランスのエマニュエル・マクロン大統領、トルコのタイイップ・エルドアン大統領と何度も会談を行ってきたが、たった1日で会談が積み重なることは通常の出来事ではない.

ゼレンスキー氏は、米国がウクライナに提供した「前例のない防衛および財政的」支援についてバイデン氏に感謝し、住民を保護するための効果的な対空防御システムについて米国大統領と話し合ったと述べた。

ゼレンスキー氏はこれに先立ち、マクロン大統領と「防衛、エネルギー、経済、外交」について1時間以上にわたる「非常に有意義な」会談を行い、エルドアン大統領とはウクライナの穀物輸出の保証について「非常に具体的な」会談を行ったと述べた。

戦争の初期に和平交渉の調停役を務めたトルコは、国連と協力して穀物協定にも参加し、6 か月にわたる事実上のロシアの封鎖の後、7 月にウクライナの輸出港を開放しました。

エルドアン大統領の事務所は、トルコの指導者が日曜日にロシアのウラジーミル・プーチン大統領と電話をし、紛争の早期終結を求めたと述べた。

プーチン大統領は先週、西側諸国に対するモスクワの信頼がほぼ完全に失われているため、最終的にはウクライナ問題の解決がさらに困難になるだろうと述べ、長期化する戦争について警告した。

マクロン氏は内戦で外交を支持してきたが、モスクワとの交渉時期を決定するのはキエフ次第であり、ロシアには安全保障が必要だという彼の複雑なメッセージは、一部の西側同盟国、キエフとバルト諸国を不安にさせている.

和平交渉は行われておらず、ヨーロッパで第二次世界大戦以来最悪の紛争が終結する見通しも立っていない。モスクワはこれを「特別軍事作戦」と呼んでおり、ウクライナとその同盟国は挑発的な侵略行為であると呼んでいる。

モスクワは、ウクライナの主権と戦前の国境を尊重する準備ができている兆候を示さず、9月にウクライナから併合したと主張する4つの地域は「永遠に」ロシアの一部であると述べた. キエフ政府は、和平と引き換えにロシアに土地を譲歩することを否定している。

ウクライナの地上では、東部戦線全体が継続的に砲撃を受け、激しい戦闘が行われています。 ロシアはまた、ミサイルや無人偵察機による一連の攻撃でウクライナのエネルギーインフラを標的にしており、平均気温が摂氏マイナス数度になる冬には、何百万人もの民間人の電力を遮断することもある。

キエフのニック・スターコフによる報告。 カナダ、ウィニペグの Ronald Popeski による追加レポート。 リディア・ケリーによる執筆。 グラント・マックールによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link