アジア太平洋の株式、米国のCPI、インフレ


2020 年 10 月 29 日木曜日、東京の株式会社日本取引所グループ (JPX) が運営する東京証券取引所 (TSE) の前の道路を横断する歩行者。

太田清 | ゲッティイメージズによるブルームバーグ

アジア太平洋地域の株式は、投資家が非常に期待されている連邦準備制度理事会の会議と米国の CPI データの読み取りに期待しているため、プラスの領域で取引を開始しました。

香港のハンセン指数は、ジョン・リー最高経営責任者(CEO)がCovid制限のさらなる緩和を発表した後、0.67%上昇しました。

オーストラリアの S&P/ASX 200 は 0.17% 上昇しました。 日本の日経 225 は 0.29% 上昇し、Topix は 0.40% 上昇しました。

韓国のベンチマーク Kospi はわずかに下落し、Kosdaq は 0.22% 下落しました。 MSCI の日本以外のアジア太平洋株の最も広範な指数は 0.42% 上昇しました。

中国本土では、深圳構成銘柄が0.174%下落し、上海総合指数は0.07%上昇しました。

香港は第 3 四半期の鉱工業生産データを掲載し、韓国銀行も 11 月の会議の議事録を掲載します。

オーストラリアの景況感は、昨年 12 月以来初めてマイナス圏に落ち込みました。

トレーダーは、11 月の米国消費者物価指数レポートの発表に備え、インフレ緩和の兆しを期待しています。 ダウ・ジョーンズが調査したエコノミストは、月ベースで 0.3% の増加を予想しており、これは 10 月の 0.4% から一段下がっている

米国で一夜にして、優良ダウは 528.58 ポイント (1.58%) 上昇して 34,005.04 となり、12 月 2 日以来初めて 34,000 を超えて取引を終えました。 11,143.74 に立っています。



Source link