一部のEU加盟国は、マクロン・ロシアのコメントについてフランスに正式に懸念を表明-外交官


[パリ 12日 ロイター] – フランスのエマニュエル・マクロン大統領がロシアの安全保障をめぐって行った発言に動揺したバルト諸国などの欧州諸国は12日、公式に不承認を提出し、フランスに立場を説明したと外交官らが明らかにした。

マクロン大統領は、12 月 3 日のフランスのテレビ局 TF1 とのインタビューで、欧州は将来の安全保障構造を準備する必要があり、「ロシアが交渉のテーブルに戻った日に、どのように保証を与えるか」も考える必要があると述べた。

これらのコメントは、ウクライナとバルト諸国によって即座に非難されました。 フランスの大統領府と外務省はそれらを軽視しようとしているが、一部のサークルでは怒りが消えていないようだ.

EU 理事会の議長国を務めるチェコ共和国は、「デマルシェ」として知られる正式な外交代表団への支持の組織化を支援しました。

境界線の支持者には、ポーランドとスロバキアに加えて、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国が含まれていた、と 2 人の外交官は述べた。 ロイターは、合計で何カ国がこの動きを支持したか、またはチェコ人が支持したかどうかを確認できませんでした。

フランス、チェコ、スロバキアの外務省はコメント要請に応じていない。 ポーランド外務省はコメントを控えた。

チェコ共和国は先週、ノンペーパーとして知られる境界線草案を首都の EU 加盟国に配布した、と 3 人の欧州外交官は述べた。 外交官によると、欧州の安全保障構造に関する以前のロシアの取り組みは、欧州を分断し、弱体化させることを目的としていたと同紙は主張しているという。

ロシアが 2 月 24 日にウクライナに侵攻して以来、ヨーロッパ諸国と NATO 加盟国はロシアに対する統一戦線を維持しようとしており、キエフに実質的な軍事援助を提供する一方で、数回の制裁を開始している。

ノンペーパーには、1997年のNATOとロシアの文書から、ロシアが要求する保証を含む2021年12月の提案まで、ロシアとの協力と対話の側面が記載されている、と外交官は述べた。

2人の外交官は、チェコ人が他の加盟国の代表者とともに、月曜日にフランス外務省の大陸ヨーロッパ局長に最終的な境界線を引き渡したと述べた。

金曜日に記者団に語ったフランスの大統領府当局者は、マクロン大統領のコメントに目新しいものは何もないと述べ、戦争終結時に交渉が行われるというウクライナの発言と一致していると付け加えた。

「実際には、言い換えれば、一方である特定の運動や特定の人々が…文の一部をその文脈から切り離そうとしていることと、私たちが行っている仕事の現実との間に矛盾がある.これは本当に問題なく行われます」と当局者は語った。

ジョン・アイリッシュによる報告。 Jan Lopatka と Alan Charlish による追加レポート。 フランク・ジャック・ダニエルによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link