日本はインドの技術労働者を必要としています。 しかし、彼らは日本を必要としていますか?


多くの点で、ヨーゲンドラ・プラニクは移民のサクセス ストーリーです。

45 歳のプラニク氏は、2000 年代初頭に日本に渡ったインドのハイテク労働者の最初の波に加わった。 彼は日本国籍を取得し、2019 年にはインド人としては初めて東京で選挙で当選しました。 今年、彼は公立学校の校長として採用されました。

しかし現在、日本企業は、IT エンジニアの深刻な不足を補うために、プラニク氏のような高学歴のインド人を引き付けようと躍起になっている。

採用担当者は、ますます求められるグローバルな人材をめぐって米国やヨーロッパと競争する日本の能力の重要なテストと呼んでいます. しかし、賃金が低く、言葉や文化の壁が厳しいため、日本は多くの人にとって魅力的ではありません。 厳格な企業構造は、新規参入者を苛立たせる可能性があります。 そして、外国人の存在について長い間曖昧であった日本は、彼らを日本の生活に統合するための確立されたシステムを欠いています.

プラニク氏は、東京東部のインド人地区にある自宅で、「これらの外国人が来ていますが、日本人と外国人の間にコミュニケーションはありません」と語った。 「包括性は起こっていません。」

急速に高齢化が進む日本は、世界第 3 位の経済を支え、農業や工場労働から高齢者介護や介護に至るあらゆる分野でのギャップを埋めるために、より多くの労働者を必死に必要としています。 この現実に屈して、国は、2018 年に承認された就労ビザ規則の画期的な拡大を通じて、数十万人の外国人労働者を引き付けることを期待して、移民に対する厳格な制限を緩和しました。

国際的な人材の必要性は、技術部門ほど大きくはないかもしれません。政府は、国が長年の懸案であった全国的なデジタル化の取り組みを追求しているため、今後数年間で労働者の不足が 80 万人近くに達すると推定しています。

パンデミックは、仕事、教育、および日常生活の他の多くの側面をオンラインプラットフォームに押し込むことにより、かつてハイテクのリーダーと見なされていた国の技術的欠点を拡大しました.

日本企業、特に小規模な企業は、物理的な事務処理から離れ、デジタル ツールを採用するのに苦労しています。 政府のレポートと独立した分析によると、日本企業のクラウド テクノロジの使用は、米国の企業よりも 10 年近く遅れています。

インドは毎年 150 万人の工学部卒業生を膨大に輩出しており、日本のデジタル キャッチアップを後押しする可能性があります。 インド人労働者が電話に出ると、多くの人が日本の都市の清潔さと安全性を称賛し、贅沢とは言わないまでも、彼らの給料のおかげで快適に暮らせていると言います。 日本語と日本文化を学んだ人は、褒め言葉で熱狂することがあります。

1996年に初めて日本を訪れ、現在は東京のアメリカの金融サービス会社フランクリン・テンプルトン・ジャパンの技術責任者であるシェイレッシュ・デイト(50歳)は、「日本に来る人は誰でもそうであるように、恋に落ちます」と語った. 「ここは住むのに最も美しい国です。」

しかし、インドの新参者は主に、隔たりを越えて日本を賞賛しています。 日本の 36,000 人のインド人の多くは、東京東部の江戸川区に集中しており、そこには独自のベジタリアン レストラン、礼拝所、専門食料品店があります。 この地域には、子供たちが英語で勉強し、インドのカリキュラム基準に従っている 2 つの主要なインディアン学校があります。

インドの教育者であるニルマル・ジェイン氏は、2004 年に日本でインド インターナショナル スクールを設立したと語った。 現在、この学校には 2 つのキャンパスに 1,400 人の学生がおり、東京に新しい大規模な施設を建設中です。

ジェインさんは、部外者との距離を保つ傾向がある日本のような場所では、別の学校が適切であると述べました。

「つまり、彼らはいい人たちで、すべてが完璧ですが、対人関係になると、そうではありません」と彼女は言いました.

プラニク氏によると、同胞のインド人から緊急事態や紛争の際に助けを求められることがよくあるという。認​​知症で放浪中の父親は結局警察に拘束され、娘は空港で国境警備隊に誤って立ち寄られた。 彼はかつて、彼を蹴ったことで日本人の上司を訴えたいという従業員からの電話に出たことさえありました.

彼自身の息子は、日本の学校で教師からいじめられたと彼は言った。 プラニク氏は、何度も先生に話しかけたが無駄だったと語った。 「彼女はいつも彼を犯罪者にしようとしていた」と彼は言い、一部の教師は「子供が何か違うことをしている場合、挑戦的だと感じる」と付け加えた.

同様のダイナミクスが職場で見られることがあります。

日本で働く多くのインド人テックワーカーは、鉄壁の企業ヒエラルキーと変化への抵抗に直面していると言います。これはイノベーションとリスクテイクで繁栄する業界のパラドックスです。

「彼らは物事を特定の順序で望んでいます。 彼らはケーススタディと過去の経験を望んでいます」とプラニク氏は一部の日本人マネージャーについて語った。 「IT はそのようには機能しません。 過去の経験はありません。 私たちは毎日自分自身を再発明しなければなりません。」

インド人IT労働者の大半は、言語や文化についてあまり知識を持たずに日本にやってきます、とベルリン自由大学の移民研究者であり、日本と南アジアの研究の専門家であり、2021年の本「Indian Migrants in Tokyo. 」

同僚が母国や米国やヨーロッパで進歩を遂げている間、それは彼らのキャリアを妨げる可能性があります. 彼らはすぐに選択肢を模索し始め、しばしば他の場所に移動することになります. 米国では、平均的な技術者の給与は、一部の見積もりによると、日本の 2 倍以上です。

「ピンク色の眼鏡が外された後、彼らは本当の状況を知り、日本で停滞していると感じるでしょう」と、約15年間日本に住み、働いていたワドワ博士は語った.

それでも、日本企業は近年、インドのエンジニアリング卒業生を日本に連れてくるか、インドで雇用することにより、インドのエンジニアのプールを活用するための決定的な動きを見せています。

楽天やメルカリなどの日本企業は、どちらも電子商取引企業であり、インドで事業を展開しています。 日本政府は、技術教育の拡大を支援するためにインドに援助を注ぎ込みました。

インド工科大学ハイデラバード校の教授である片岡浩太郎は、インドの学生とテクノロジー企業の間の仲人として活動しています。 彼は、日本の採用担当者はインドでのスタートが遅かったため、代わりにベトナムや中国など、文化的に日本に似ていると考えられている東アジア諸国に焦点を当てていたと述べた。

しかし、インドの新入社員は、日本企業がイノベーションへの取り組みを開始するために必要な、独立した独創的な考え方を提供してくれると彼は言いました。 「彼らはやりたいことを何でもしますが、インドの才能のランダム性と制御不能な側面がうまく機能することがあります」と片岡教授は言いました。

多くの日本人は、歴史的に移民のレベルが低い国が、北米や西ヨーロッパの国々の柔軟性と多様性に匹敵するのは難しい注文だと主張しています.

有名なアメリカのハイテク企業はインドで積極的に人材を採用しており、移民に優しい職場環境、急増する報酬パッケージ、限界のないキャリアアップの機会を提供しています。 グーグル、ツイッター、マイクロソフト、アドビはいずれもインド生まれの最高経営責任者を抱えている。

それでも、江戸川のギャップを埋める努力はあります。 プラニク氏は自宅でインド文化センターを経営しており、そこでは日本人学生がヨガのレッスンを受け、インド人と日本人の学生が集まり、日本人の先生からインドのタブラで打楽器のレッスンを受けています。 プラニク氏は、インドの文化や移民について話すために日本の大学生をしばしば招待しています。

日本の当局者はまた、より広いコミュニティが参加するインドの文化祭に会場を提供し、支援しています。 プラニク氏は、こうした象徴的な身振りも良いが、日本語教育と文化教育を充実させることがより重要であると述べた。

「より多くの相互作用が必要です」と彼は言いました。 「夏祭りとディワリ祭、はい、年に一度だけ、それができるのはおまけです。 しかし、ボーナスがあなたの給料だとは言えません。」

同時に、江戸川区の多くのインド人は、新参者は日本の生活に溶け込むためにもっとできることがあると言っています.

フランクリン・テンプルトンのテクノロジー責任者である伊達氏は、彼と数人の友人は、インド人がうるさいという評判の高まりに対抗したいと考えていると語った。日本のやり方に合わせる。

そこで彼らのランニング グループであるデジ ランナーズ オブ トーキョーは、メンバーが 1 キロ走るごとに 10 円を寄付することにしました。 昨年、彼らは江戸川区の慈善団体に 40 万円、約 3,000 ドルを寄付した、と彼は言った。

「私たちは皆、同意しました。私たちはここに住んでいて、お金を稼いでいるのです」と伊達氏は語った。 「日本に恩返しをする時が来たのかもしれません。」



Source link