COVIDの起源は中国の生物兵器プログラムに「結びついている可能性がある」:GOPレポート


最初のキツネ: 下院情報委員会の共和党メンバーは、新しく発表された報告書で、COVID-19 が中国の生物兵器研究プログラムに結び付けられ、武漢での事件の際に一般市民に「流出」した可能性があるという「兆候」があると主張しているウイルス学研究所。

この情報は、水曜日の夜に下院常任特別委員会のメンバーによって少数派のスタッフレポートで発表されました。

「の含意に反して、 [Intelligence Community’s] 機密解除されたレポートは、さまざまな公開および非公開情報を含む私たちの調査に基づいて、SARS-CoV-2 が中国の生物兵器研究プログラムに結び付けられ、実験中に人間の集団に流出した可能性があるという兆候があると結論付けています。報告書の要約には、「武漢ウイルス学研究所での関連事件」と書かれている。 ICに問題を提起しようとしたとき、反応がありませんでした。」

2021 年 10 月に国家情報長官室が行った COVID-19 の起源に関する機密解除された評価では、報告書は、SARS-CoV-2 は「おそらく生物兵器ではない」と述べ、「私たちは依然として懐疑的です。 SARS-CoV-2 が生物兵器であるという主張は、科学的に無効な主張によって裏付けられているためです。」

中国のCOVID-19サージ:抗議後の政策ロールバックによりケースが急増するため、指導者は経済回復を計画

コロナウイルス病の起源を調査する任務を負った世界保健機関チームのメンバー

コロナウイルス病の起源を調査する任務を負った世界保健機関チームのメンバー
(ロイター/トーマス・ピーター)

下院共和党が発表した水曜日の報告書は、その調査が「諜報機関の機密および機密解除されたバージョンの両方に重大な欠点を明らかにした」と主張し、省略が「主要な問題に対する国民の理解をゆがめ、不信を深めた可能性が高い」と述べている.

「委員会は、ICが外部の専門家からのインプットに基づいて、COVID-19と中国の生物兵器研究との間の可能性のある関連性に関する重要な情報を軽視したと考えている」と報告書は述べ、情報機関は「どの専門家に頼ったか」

中国は論争の的となっている「ゼロCOVID」政策を解体するために奮闘している

警備員がジャーナリストを武漢ウイルス学研究所から遠ざける

警備員がジャーナリストを武漢ウイルス学研究所から遠ざける
(AP Photo/Ng Han Guan、ファイル)

COVIDの起源は中国の生物兵器研究プログラムに関連している可能性が高いと主張している一方で、報告書は、「ウイルスが偶然ではなく意図的に放出されたという信頼できる兆候は見られなかった」と述べています。

ここをクリックしてFOXニュースアプリを入手してください

2021 年 2 月 3 日水曜日、中国湖北省の武漢にある世界保健機関のチームによる訪問中に、武漢ウイルス学研究所の入り口付近に集まる治安要員。

2021 年 2 月 3 日水曜日、中国湖北省の武漢にある世界保健機関のチームによる訪問中に、武漢ウイルス学研究所の入り口付近に集まる治安要員。
(AP)

「また、私たちが見つけた情報が、COVID-19の起源の問題を決定的に解決する決定的な証拠であると主張することもありません。しかし、情報は一般の人々の理解を深めるために重要であり、機密扱いの機密解除を目指します。対話を促進するために、次の議会で私たちの報告書のバージョンを提出する必要があります」と報告書は述べています。



Source link