ロシアの攻撃後、ウクライナのエネルギー事業者が緊急事態を解除 | ロシア・ウクライナ戦争のニュース


ロシアの攻撃後、ウクライナのエネルギー使用量は 50% 以上減少した、と送電網運営会社の Ukrenergo 氏は述べた。

ウクライナの送電網運営会社であるウクレネルゴは、ロシアの攻撃により全国のエネルギー消費量が 50% 以上削減されたことを受け、同日早朝に宣言した非常事態宣言を解除した、と声明で述べた。

ウクライナの高官は、ロシアのミサイルがいくつかの地域のエネルギー施設を攻撃した後、全国的に緊急の電力遮断が行われていると以前に述べた.

Ukrenergo は、ロシアのミサイル数十発が国の北部、南部、中央部の重要なインフラストラクチャ サイトに発射された後、電力の復旧にはさらに時間がかかる可能性があるとウクライナ人に警告しました。

「病院、給水施設、熱供給施設、下水処理場などの重要なインフラを優先する」と、国営エネルギー供給業者は金曜日の声明で述べた。

戦争開始以来最大の攻撃の 1 つで、ロシアは 70 発以上のミサイルをウクライナに送り、2 番目に大きな都市の電力を奪い、キエフでは全国的に緊急停電を実施せざるを得なくなったと、ウクライナ当局者は述べた。

クリヴィー・リー中心部のアパートが爆破され、3 人が死亡し、ヘルソン南部の砲撃で 1 人が死亡した、と彼らは述べた。

占領下のウクライナ東部にロシアが設置した当局者は、ウクライナの砲撃で12人が死亡したと述べた。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は夜のビデオ演説で、ロシアはまだいくつかの重要な攻撃に十分なミサイルを保有していると述べ、西側の同盟国に対し、より多くのより優れた防空システムをキエフに供給するよう再度促した。

ゼレンスキーは、ウクライナは立ち直るのに十分強いと述べた。 「モスクワのロケット崇拝者が何を当てにしようとも、この戦争のパワーバランスは変わらないだろう」と彼は言った。

キエフは木曜、モスクワが2月24日の侵攻から約1年後の来年初めに新たな全面攻撃を計画していると警告していた.

ロシアは、数回の戦場での敗北の後、10月初旬からほぼ毎週、ウクライナのエネルギーインフラにミサイルの雨を降らせてきたが、金曜日の攻撃は、雪と氷が広範囲に広がっているため、他の多くの攻撃よりも大きな被害を与えたようだ.

モスクワは、攻撃はウクライナ軍を無力化することを目的としていると言います。 ウクライナ人はこれを戦争犯罪と呼んでいます。

「彼らは私たちを滅ぼし、奴隷にしようとしています。 しかし、私たちは降伏しません。 私たちは耐えます」と首都キエフの鉄道駅にある避難所に向かった53歳のリディヤ・ヴァシリエバは言った。

キエフ市長のビタリ・クリチコ氏は金曜日遅く、市の住民のわずか 3 分の 1 が熱と水の両方と 40% の電気を利用していると述べた。 重要な輸送動脈である地下鉄システムは閉鎖されたままである、と彼は付け加えた。

ゼレンスキーは、ウクライナ国民に辛抱するよう促し、地方当局に対し、緊急エネルギー供給の手配において、より創造的になるよう求めた。

ウクライナで 2 番目に大きいハリコフ北東部の都市も大きな被害を受け、攻撃によって電気、暖房、水道が停止しました。 Interfax ウクライナ通信社は、地方知事 Oleh Syniehubov が金曜日遅くに市の 55% と周辺地域の 85% の電力が回復したと述べたことを引用した。

緊急食糧配給所で調理をしているリュドミラ・コヴィルコさんは、人生は続けなければならないと語った。 「爆発音が聞こえ、電源が切れました。 人々は養われる必要があります。 私たちは薪ストーブで料理をしています。」



Source link