ウクライナ戦争:モスクワは新しいプロパガンダビデオで軍の新兵を求めている




CNN

クレムリンは新兵の必要性を否定しているにもかかわらず、モスクワはロシア人に軍隊に入隊してウクライナで戦うよう奨励する新たなキャンペーンを開始した。

より多くの志願兵を前線に引き付けようとして、ここ数日ソーシャル ネットワークに投稿されたロシアのプロパガンダ ビデオは、愛国心、道徳、上向きの社会的流動性の物語を通じて、ロシア人男性にアピールしようとしています。

12 月 14 日に投稿されたビデオの 1 つは、男性の友人とパーティーをする代わりに戦うことを選択した若い男性を特集し、軍事契約で戦って得たお金で自分で車を購入してみんなを驚かせます。

12 月 15 日に投稿された別のビデオでは、兵士の元ガールフレンドが彼の勇気に新たに感銘を受け、彼女と一緒に戻るように懇願しています。 さらなる例は、中年男性が工場の仕事を辞め、軍事契約に署名して前線に出るのに十分な報酬を得られないことを示しています。

別の動画では、30 代の裕福なロシア人男性のグループが、年配の女性からどこへ行くのかと尋ねられ、車に荷物を積み込んでいます。 男性の1人が次のように答えます。 永遠に。” ある女性が食料品の袋をこぼすと、男性は車に乗り込み、助けずに立ち去り、若いロシア人男性は急いで食料品を取りに行きます。 年配の女性の一人は,「男の子たちは去り,男性たちはとどまりました」と結論づけました。

ビデオの多くは戦争を、ウォッカを飲み、貧困と無力感という暗い日常からの逃避として男性を描いている。 その間、ロシア軍の物資と装備の不足に関する報告と苦情が出続けています。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は11月、動員された人々の母親たちとの会合で、ウォッカを飲んで死ぬよりは祖国のために戦って死ぬ方がましだと語った。

9月下旬、プーチン大統領は「部分的な」軍事動員を発表し、ウクライナでの戦争が進展しなかったため、ロシア全土で30万人以上が動員された. ウクライナでの戦闘で死傷したロシア兵の正確な数は公表されていません。

何千人もの男性が徴兵を避けるためにロシアから逃亡しており、新年に再び動員されるのではないかという懸念が高まっています。

今月初め、キルギスのビシュケクでのユーラシア諸国首脳会議後の記者会見で、プーチン大統領は、さらなる動員の計画はないことを国民に安心させようとした。

プーチン大統領は記者から、新たな動員を必要とする要因は何かと尋ねられ、「今日はそのような要因はなく、議論していない。 動員の一環として 30 万人が召集されたと言いました。 150,000 人 (ウクライナに配備済み) をもう一度繰り返しましょう。 そのうち半数強が戦闘部隊に所属している」

プーチン大統領は、最前線で軍事装備の不足が続いているという報告について質問され、ロシア国防省と緊密に協力しており、問題は解決されつつあると述べた。



Source link