国防総省、「異常現象」を特定する任務を前進 > 米国国防総省 > 国防総省ニュース


7月、国防総省は全ドメイン異常解決局を設立し、とりわけ、国家安全保障と軍および他の連邦機関の両方の活動に脅威を与える可能性のある「未確認の異常現象」を特定しました.

「未確認の異常現象」とは、宇宙、空中、陸上、海中、または海底で特定できず、米軍の施設や作戦に脅威を与える可能性のあるものです。

AARO のディレクターである Sean M. Kirkpatrick 氏は次のように述べています。

今年の夏に AARO オフィスが立ち上がって以来、Kirkpatrick 氏は、彼のチームがそのミッションの設定において大幅な前進を遂げたと語った。

「以前の海軍主導のUAPタスクフォースからデータと責任を移管し、それを解体した」と彼は言った。 「その移行中に、UAP レポートを拡張、標準化、統合し、収集したデータを再評価する機会を得ました。」

AARO には、本質的に評価すべき一連の UAP レポートがあり、新しいレポートも取得しています。 Kirkpatrick 氏は、AARO が古い報告書と新しい報告書の両方を分析する作業に「厳密な方法論」を適用する必要があり、彼のチームはまさにそれを行うための分析フレームワークを開発したと述べました。



[We’re] 軍事部門や統合参謀本部と協力して、飛行士を超えて、船員、潜水艦、スペース ガーディアンを含むすべての軍人に UAP の報告を正常化し、統合し、拡張します。」

Sean M. Kirkpatrick、ディレクター、AARO

以前は、AARO が担当する仕事の種類は、現在、空中で見られた異常現象の報告のみでした。 しかし、それは変わりました。 現在、AARO は、すべてのドメインにわたって異常現象を評価することを期待しています。 つまり、これらの他のドメインで活動している個人も、UAP レポートを自由に提出できるようになりました。 カークパトリック氏によると、これはAAROがサービスと協力して取り組んできたことだ。

“[We’re] 軍事部門や統合参謀本部と協力して、飛行士を超えて、船員、潜水艦、スペース ガーディアンを含むすべての軍人に UAP の報告を正常化し、統合し、拡大する」とカー​​クパトリック氏は語った。

また、カークパトリック氏によると、AARO の取り組みは、軍と諜報機関の両方と協力して、米国政府自体の活動が UAP の報告に終わらないようにすることです。

「私たちは、国防総省とICプログラムの両方の「ブルー」プログラムで非常に明確なメカニズムを設定しており、「ブルー」アクティビティで入ってくる観察結果の矛盾を解消して、それらを確実に除外し、かなり早い段階でそれらを特定できるようにしています. 」 カークパトリックは言いました。

AARO は DOD 内の新しいオフィスであり、Kirkpatrick 氏によると、このオフィスは最初から、徹底的かつ厳格な運用基準を確立するために懸命に取り組んでいます。

「私たちは最高の分析的および科学的基準を適用しています」と彼は言いました。 「私たちは客観的に、センセーショナルにならずに使命を遂行し、結論を急ぐことはありません。」

AARO の仕事は孤立して行われるわけではありません。 代わりに、定期的な報告で議会が何をしているかを把握しておく義務があると、諜報・安全保障担当国防長官のロナルド・モールトリーは述べた。

「設立以来、AARO は異常現象の報告を文書化し、分析し、解決するための取り組みについて、定期的に議会に最新情報を提供してきました」と Moultrie 氏は述べています。 「同省は、8 月と 11 月に UAP に関する最初の議会で義務付けられた四半期報告書をすでに提出しており、今後も四半期ごとの最新情報を提供していきます。」

未確認の異常現象についてもっと知りたいと思っているのは議会だけではありません。 Moultrie 氏によると、アメリカ国民も同様です。 そして AARO と部門はそこでの透明性に取り組んでいます。

「同省は、UAP に対する公共の関心を真剣に受け止めています」と Moultrie 氏は述べています。 「私が5月に議会の指導者たちに言ったように、私たちはアメリカ国民に対する開放性と説明責任の原則に完全にコミットしています。私たちはできる限り多くの詳細を国民と共有することを約束しています.」



Source link