キエフ市長は、最近のロシアのストライキの後、暖房が首都で回復したと言う | ウクライナ

hobokenobserver.com


キエフの市長は、キエフの暖房は完全に回復したと語った。これは、先週のロシアによる最も激しい爆撃の 1 つがキエフの主要な民間エネルギー供給を奪い、中央政府が計画停電を実施することを余儀なくされた後である.

ビタリ・クリチコは日曜日の朝、首都は「最近の砲撃の後、すべてのサービスを正常に回復しており」、「特に、首都の暖房供給システムは完全に回復した」と語った。 すべての熱供給源は正常に機能しています。」

キエフと全国の気温は日曜日に氷点下で、夕方には-6C (21.2F) まで下がると予測されています。 首都の人口 300 万人の 3 分の 1 までが夜通し電気がなく、当局は「困難で危機的な」状況と呼んでいました。

10 月以降のロシアの無人機とミサイル攻撃の波は、寒い冬の時期に入るウクライナの民間のエネルギーと電力インフラに深刻な被害をもたらしました。 ロシアは金曜日、2 月 24 日に侵攻を開始して以来、ウクライナの水とエネルギーのインフラを標的とする 70 発以上のミサイルを発射し、停電を引き起こし、熱と水へのアクセスを奪った。

地図

一方、ベルゴロドの南ロシア国境地域で4人が日曜日に砲撃で負傷したと知事は述べ、目撃者は地方の首都で大きな爆発を報告した. ウクライナでは、ヘルソンの中心部でも砲撃が報告された。ヘルソンは、モスクワ侵攻以来最大の戦場の後退の 1 つで先月、ロシアの兵士が撤退した主要都市である。

英国国防省は日曜日の情報評価で、低い士気がロシア軍にとって「重大な脆弱性」であり続けていると述べ、士気を高めるために「軍事音楽と組織的な娯楽」を使用するための創造的な旅団のロシアの計画を強調した.

ロンドンの省は、新しい旅団が「非常に高い死傷者率、貧弱な指導力、賃金の問題、装備と弾薬の不足、戦争の目的についての明確性の欠如」を補うことができるかどうか疑問に思っている.

モスクワは、ロシア国防相セルゲイ・ショイグがウクライナでの特別軍事作戦に関与している部隊を訪問したと述べた。国防省は今週、士気を高めるためにボーカリストやミュージシャンを含む「最前線の創造的な旅団」の編成を発表した。

ロシアの RBC ニュースは当局者の話として、この旅団には「高い道徳的、政治的、心理的状態を維持する任務を負った徴兵された志願のプロのアーティストが含まれる」と述べていると述べた。 [among] 特別軍事作戦の参加者」。

同省は、ショイグ氏が「軍隊の展開地域を飛び回り、特別軍事作戦のゾーンにあるロシア軍部隊の前進位置を確認した」と述べ、最前線の部隊と話をしたと付け加えた。 どこにあるかは明らかではありません。

ヘリコプターのセルゲイ・ショイグ
セルゲイ・ショイグは、ウクライナの非公開の場所でロシア軍を視察しながら、軍用ヘリコプターの窓から見ています。 写真:AP

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は日曜日、カタールでのワールドカップ決勝前に放送されることをキエフが望んでいたビデオメッセージの中で、この冬に世界平和サミットを開催することを提案した.

日曜日に公開されたインタビューで、ベテランの米国外交官ヘンリー・キッシンジャーは、壊滅的な世界大戦のリスクを減らすために交渉による平和の時が近づいていると述べたが、ロシアを解体するという夢は核の混乱を解き放つ可能性があると警告した.

99 歳のキッシンジャーは、共和党大統領リチャード ニクソンとジェラルド フォードの下で国務長官を務め、旧ソ連に対するデタントという冷戦政策の立案者でした。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とも何度か会っている。

キッシンジャーは、スペクテイター誌の記事で、「すでに達成された戦略的変化を土台とし、それらを交渉を通じて平和を達成するための新しい構造に統合する時が近づいています.

「どのように表現されようと、和平プロセスはウクライナとNATOを結びつけるべきです。 中立の選択肢はもはや意味がない」と彼は書き、ロシアを「無力」にしたい、またはその解体を求めさえしたいという願望 – 西側もウクライナも主張していない – は騒乱を解き放つ可能性があると付け加えた.

CIA長官のウィリアム・バーンズは、土曜日に公開されたインタビューで、ほとんどの紛争は交渉で終わったが、CIAの評価は、ロシアは戦争を終わらせるための本当の交渉についてまだ真剣ではないと述べた.

カンタベリーのジャスティン・ウェルビー大司教は日曜日、ウクライナに対するロシアの戦争は「地獄の門を開き」、占領地での殺人やレイプから、アフリカやヨーロッパでの飢饉や借金に至るまで、世界中の「あらゆる悪」の力を解き放ったと語った。

彼は先月ウクライナを訪問した後、「ブチャの大量埋葬地の大きさ、そこの人々に行われたことの写真、占領しているロシア軍によるレイプ、虐殺、拷問」に打たれたと語った。 .



Source link