韓国の中年男性の死因は「孤独死」




CNN

韓国には問題があります。毎年、多くが中年で孤立した何千人もの人々が孤独死しており、多くの場合、数日または数週間発見されないままになっています。

これは「ゴドクサ」または「孤独な死」であり、人口が急速に高齢化する中、政府は何年にもわたって闘おうとしてきた広範な現象です。

韓国の法律では、「孤独死」とは、家族や親族と切り離された一人暮らしの人が自殺や病気で死亡し、「一定期間」経過後に遺体が発見されることを指す。

この問題は、孤独死の数が増加するにつれて、過去 10 年間で全国的な注目を集めました。 この傾向の背後にある要因には、国の人口危機、社会福祉の格差、貧困、社会的孤立などがあります。これらはすべて、Covid-19 のパンデミック以降、より顕著になっています。

保健福祉省が先週水曜日に発表した報告書によると、昨年、国は2017年の2,412人から3,378人の死亡を記録した.

同省の報告書は、政府が 2021 年に孤独死防止管理法を制定して以来、初めてのことでした。

故人の葬儀を行う非営利団体の職員

孤独死はさまざまな人口統計の人々に影響を与えますが、レポートは、中年および高齢の男性が特に危険にさらされているように見えることを示しました.

2021 年の孤独死の男性の数は、女性の 5.3 倍で、以前の 4 倍から増加しました。

昨年の孤独死は50~60代が6割を占め、40~70代も多かった。 20~30代は6~8%。

レポートは、考えられる原因には触れていません。 しかし、当局がこれらの孤独な死を引き起こす原因と、脆弱な人々をより適切にサポートする方法を理解しようとする中、この現象は何年にもわたって研究されてきました.

韓国の立法調査機関は、今年初めのニュースリリースで、「超高齢社会に備えて、孤独死に積極的に対応する必要がある」と述べ、政府の優先事項は「社会的孤立の事例を迅速に特定することである. 」

韓国は、日本や中国を含むいくつかのアジア諸国の 1 つであり、人口減少に直面している。

国の出生率は2015年以降着実に低下しており、専門家は、労働文化の要求、生活費の上昇、賃金の停滞など、人々が親になることを先延ばしにするさまざまな要因を非難しています. 同時に、労働人口は減少しており、医療や在宅支援などの分野で急増する高齢者を支えるのに十分な労働者がいないという懸念が高まっています。

この偏った年齢分布の結果のいくつかは明らかになりつつあり、何百万人もの高齢者が自力で生き残るのに苦労しています.

経済協力開発機構によると、2016 年の時点で、65 歳以上の韓国人の 43% 以上が貧困線を下回っていました。これは、他の OECD 諸国の全国平均の 3 倍以上です。

ソウル福祉センターの上級研究員である Song In-joo 氏は、中高年の韓国人が労働市場や住宅市場から排除された場合、その生活は「急速に悪化」し、これが「主要な死亡原因」になると書いています。孤独死に関する2021年の研究。

この調査では、9 件の孤独死のケースを分析し、隣人、家主、ケース ワーカーに詳細なインタビューを行いました。

ボランティアの牧師が仮設の神社の前で亡くなった 2 人のために祈る

あるケースでは、64 歳の労働者が障害のために職を失った 1 年後にアルコール関連の肝疾患で死亡しました。 彼には教育も家族も携帯電話さえもありませんでした。 別のケースでは、88 歳の女性が息子の死後、経済的困難に苦しみました。 彼女が通っていた高齢者福祉センターは、パンデミックの開始時に無料で食事を提供していたが閉鎖された後に死亡した.

宋氏は、「孤独死の危険にさらされている人が死ぬ前に表明した困難は、健康上の問題、経済的困難、断絶と拒絶、日常生活の管理の困難でした」と書いています。

複雑な要因には、政府の支援の遅れや、深刻な病気や慢性疾患を持つ人々のための「在宅ケアの欠如」が含まれていました.

2021 年の調査結果は、厚生省の報告書にも反映されており、危険にさらされている人々の多くは、特に「健康管理や家事に慣れていない場合、失業や離婚により、人生の満足度が急速に低下している」と感じていると述べています。 」

2021年の調査に参加した人々の多くは、居住者が共同施設を共有することが多いジョクバンと呼ばれる細分化されたアパートや、今年初めに家族が閉じ込められて溺死したときに話題になったバンジハと呼ばれる地下アパートなど、狭く薄汚いスペースに住んでいました。ソウルで記録的な大雨。

ソウルのような主要都市では、住宅価格が高いことで知られているため、これらのアパートは利用可能な最も手頃なオプションの一部です. そして、劣悪な生活条件とは別に、彼らはさらに孤立するリスクも抱えています。 2021年の調査によると、これらの住宅構造は「すでにスラム街として批判されており…また、汚名を着せられている」。

「孤独な死の(住宅の集中)は、貧困サブカルチャーのもう1つの特徴である可能性があるため、懸念されています」とSongは書いています.

孤独死に対する国民の関心の高まりは、長年にわたってさまざまな地域的および国家的イニシアチブを促してきました。

2018年、ソウル メトロポリタン 通信社の聯合によると、政府は「近隣ウォッチャー」プログラムを発表しました。このプログラムでは、コミュニティのメンバーが地下室や分譲住宅などの脆弱な地域にある単身世帯を訪問します。

病院や大家さん、コンビニエンスストアのスタッフが「見張り役」の役割を果たし、患者や常連客が長期間見られないときや、家賃などの未払いが発生したときに、地域の職員に知らせます。

ソウル、蔚山、全州などのいくつかの都市では、一人暮らしの人向けのモバイルアプリを展開しており、電話が一定時間使用されていない場合、緊急連絡先にメッセージを自動的に送信します。

教会や非営利団体などの他の組織も、アウトリーチ サービスやコミュニティ イベントを強化しており、遺族を請求したり弔ったりする人が残っていない故人のための葬儀を行っています。

昨年可決された孤独死防止および管理法は、これまでで最も最新かつ最も包括的な措置であり、危険にさらされている住民を特定して支援するための政策を策定するよう地方自治体に命じました。 5 年ごとの状況報告書を作成することとは別に、政府は包括的な予防計画を策定することも求められましたが、これは現在も進行中です。

亡くなった方の名札を携える非営利団体のスタッフとボランティアの尼僧

11月に発表された別の研究では、宋氏は当局に対し、中高年向けの教育、訓練、カウンセリングプログラムなど、立ち直ろうとしている人々を支援するシステムをさらに構築することを推奨している.

水曜日のレポートに付随するニュースリリースで、チョ・ギュホン保健福祉部長官は次のように述べています。 韓国は「孤独死に対処するための戦略を最近開始した英国や日本を含む他の国々のようになる」ために取り組んでいる.

「今回の分析は、国と地方自治体が福祉の新たな盲点という危機に責任を持って対処するための第一歩として意味がある」と彼は述べた。



Source link