COP15 生物多様性協議: 各国は「30×30」保全計画に署名


ケベック州モントリオール — およそ 190 か国が月曜日の早い段階で、2030 年までに地球の陸地と海の 30% を保護し、生物多様性の損失に対して他の多くの対策を講じることを目的とした包括的な国連協定を承認しました。放っておくと、地球の食糧と水の供給だけでなく、世界中の数え切れないほどの種の存在が危険にさらされます。

この合意は、生物多様性が人類史上かつてない速さで世界的に減少している中で行われました。 研究者は、100 万の動植物が数十年以内に絶滅の危機に瀕していると予測しています。 多くの科学者や活動家がより強力な措置を求めていましたが、以前の合意には欠けていた検証メカニズムを含むこの合意は、この問題に関する機運が高まっていることを明確に示しています。

「これは自然にとって大きな瞬間です」と、自然保護を推進するグループの連合であるキャンペーン・フォー・ネイチャーの責任者であるブライアン・オドネルは、この合意について語った。 「これは、これまで試みられたことのない規模の保護です。」

全体として、この取引は 23 の保全目標を設定しています。 30×30 として知られる最も顕著なものは、陸地と海の 30% を保護下に置きます。 現在、地球の陸地の約 17% と海の約 8% が​​、漁業、農業、産業などの活動から保護されています。

各国はまた、地球の残りの 70% を管理して、生物多様性にとって非常に重要な地域を失うことを回避し、大企業が事業による生物多様性のリスクと影響を確実に開示することにも合意しました。

問題は、合意の高い目標が実現されるかどうかです。

生物多様性条約、旧協定を支える国連条約、および月曜日にここに到達した新しい協定を監督する機関によると、以前の10年間の協定は、世界レベルで単一の目標を完全に達成することができなかった. しかし、交渉担当者は、自分たちの過ちから学んだ、と述べており、新しい協定には、目標を測定可能にし、各国の進捗状況を監視するための規定が含まれています。

交渉の共同議長を務めたカナダ人のバジール・ファン・アーヴル氏は​​、「これで通知表を持てるようになりました。 今回は「お金、監視、目標」が違いを生むだろうと彼は言った。

米国は交渉にチームを派遣したが、同国は生物多様性条約の締約国ではないため、傍観者としてしか参加できなかった. 通常、条約への参加に反対している共和党員は、条約の通過を阻止しています。 条約の締約国ではない他の唯一の国は聖座です。

それでも、バイデン政権は、2030 年までに土地と水域の 30% を保護することを約束しています。

生物多様性の損失には複数の原因がありますが、その背後には人間がいます。 陸上では、最大の原動力は農業です。 海では乱獲です。 その他の要因には、狩猟、採掘、伐採、気候変動、汚染、侵入種などがあります。

この協定は、これらの要因に対処することを目的としています。 たとえば、ターゲット 17 では、農薬や毒性の高い化学物質による全体的なリスクを少なくとも半分に削減すると同時に、肥料の流出にも対処することを約束しています。

自然保護団体は、絶滅と野生生物の個体数に関連するより強力な対策を求めていました。

生態学者であり、IPBES として知られる生物多様性に関する政府間科学プラットフォームの事務局長である Anne Larigauderie は、その省略を後悔しましたが、全体的な合意は野心的で定量化されていると称賛しました。

「これは妥協ですが、悪いものではありません」と Larigauderie 博士は言います。

協定の野心と各国の支払い能力とのバランスをどのようにとるかについての質問は、新しい世界的な生物多様性基金を創設する要求とともに、会談で鋭い意見の相違を引き起こしました。 交渉を主導した中国とホスト国であるカナダは、微妙な妥協点を探ろうと努力した。

欧州連合は、より強力な保全目標を求めていました。 インドネシアは、自然をどのように利用するかについて、より多くの裁量を望んでいました。

世界の生物多様性の膨大な量が、グローバル サウスの国々に住んでいます。 しかし、これらの国々は、生態系を回復し、有害な農業、水産養殖、漁業、林業の慣行を改革するために必要な多額の財源を欠いていることがよくあります。 そして絶滅危惧種の保護。

開発途上国は、より多くの資金提供を強く要求し、ラテンアメリカ、アフリカ、東南アジアの数十カ国の代表が、彼らの意見が聞かれていないことに抗議して、水曜日に会議から退席しました。

コンゴ民主共和国は激しい反対を表明し、月曜日の早朝まで最終承認を延期した。 交渉の議長がコンゴの反対について話し合ったとき、アフリカのいくつかの国からの代表者が大声で不満を述べた。

月曜日に合意された取引は、政府、民間部門、慈善活動など、あらゆる資金源からの生物多様性全体の資金調達を年間 2,000 億ドルにほぼ倍増させることになります。 裕福な国から貧しい国に流れるために、年間最大 300 億ドルが割り当てられています。 金銭的コミットメントには法的拘束力はありません。

開発途上国の代表は、お金は慈善と見なされるべきではないと述べた。

ナイジェリア自然保護財団を率いる生物学者のジョセフ・オノジャは、旧植民地勢力が世界中の天然資源を搾取することで豊かになったと指摘した。 「彼らはやって来て、私たちのリソースを略奪して自分自身を発展させました」と彼は言いました.

開発途上国が自国の成長のために天然資源を利用しようとしている現在、地球規模の保護の名の下に天然資源を保護しなければならないと言われている.

自然保護生物学者のオノジャ博士は、自然を守ることは大切だと考えているが、過去の行動について先進国に責任を負わせたいと考えていると語った。

研究機関であるポールソン研究所の調査によると、2030 年までに生物多様性の減少を逆転させるには、年間約 7,000 億ドルの資金不足を解消する必要があることがわかりました。

主要な資金源は、特定の農業慣行や化石燃料など、自然を害する補助金に現在費やされている年間数千億ドル以上を再配分することから得られる可能性があります。 ターゲット 18 では、世界は 2030 年までに年間少なくとも 5,000 億ドル削減する必要があります。

先住民族の権利は、30×30 のアイデアをめぐる論争の的となっています。 この措置によってコミュニティが立ち退きを余儀なくされるのではないかと懸念する人もいれば、先住民族の土地の権利を確保する手段としてこの目標を擁護し、さらに高い割合の土地を保護下に置くよう求める人もいます。

生物多様性に関する国際先住民フォーラムの代表であり、非営利団体 Nia Tero のポリシー担当マネージング ディレクターである Jennifer Corpuz 氏は、協定に先住民族の権利に関する文言が含まれていることを称賛しました。 「これは画期的なことです」と彼女は言いました。

チリの環境大臣で気候科学者のマイサ・ロハス・コラディ氏は、2019 年にこのトピックに関する主要な政府間報告書が作成されるまで、生物多様性の危機の深さを把握していなかったと述べた。 . ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされた食料安全保障の問題のために、農業問題が現在特に厄介であることを認めながら、彼女は前進することが重要であると述べた.

「生物多様性がなければ、地球上に食べ物がなくなることを理解する必要があります。」



Source link