COP15: 190 か国以上が生物多様性の危機を食い止めるための画期的な合意に署名




CNN

モントリオールで開催された国連の生物多様性会議で、190 か国以上が自然を保護するための包括的な協定を採択しました。

2030 年までに陸地と海の 30% を保護するという誓約を含む、生物多様性の危機を食い止めることを目的とした 23 の目標を含む合意について、月曜日の早い時間に小槌が下されました。保護されていると見なされます。 キャンペーン担当者は、誰もが依存している複雑で壊れやすい生態系を保護するための「主要なマイルストーン」としてこれを歓迎しています。

しかし、一部の国は合意が十分に進んでいないとして不満を抱いていた. コンゴ民主共和国(DRC)は、合意を支持できないと述べ、適切なプロセスに従わずに性急に合意が成立したと不満を漏らしている.

この取引への道のりは長く、遅延が散らばっています。 当初は中国の昆明で開催される予定だったが、同国の新型コロナウイルスゼロ政策がもたらす困難により、それが不可能になった。 会議は、カナダと中国の合同指導の下、カナダに移されました。 会議への期待は高く、2015 年のパリ気候協定に言及して、「生物多様性のためのパリの瞬間」になるとの声もありました。

自然は驚くべき速さで衰退しています。 2019 年、国連の自然専門家パネルによる画期的な報告書によると、人間の行動により最大 100 万の陸生生物と海洋生物が絶滅の危機に瀕していることがわかりました。 一部の科学者は、森林伐採、化石燃料の燃焼、河川や海の汚染などの人間の行動によって、世界は第 6 の大量絶滅に突入していると述べています。

2 週間にわたる交渉の末、特に問題となっているのは、地球規模の保護に資金を提供する方法をめぐる緊張でしたが、月曜日の現地時間午前 3 時 30 分頃、昆明とモントリオールの地球規模の生物多様性の枠組みが最終的に採択されました。

この枠組みには、2030 年までに陸地、淡水、海のほぼ 3 分の 1 を保護するという誓約に加えて、自然に有害な 5,000 億ドルの補助金を改革し、発展途上国への生物多様性への融資を増やすという合意も含まれています。

WWFインターナショナルのマルコ・ランベルティーニ事務局長は、「この合意は、私たちの自然界の保全にとって重要な節目であり、生物多様性が政治的およびビジネス上の議題でこれほど高く評価されたことはありません.

キャンペーン フォー ネイチャーのディレクター、ブライアン オドネル氏は、次のように述べています。 それは、野生生物、気候変動への対処、きれいな水や作物の受粉など、自然が人々に提供するサービスの確保に大きなプラスの影響を与えるでしょう。」

この枠組みには、世界の生物多様性を保護する大きな役割を担っている先住民族を保護するための文言も含まれていますが、先住民族は見落とされがちで、場合によっては保全の名の下に土地から追い出されることさえあります。 オドネル氏は、「先住民族と地域社会の権利が守られ、彼らが提供したリーダーシップが認められる、保全のための新しいパラダイムの先駆けとなる可能性があります」と述べています。

多くの人が合意を歓迎していますが、成功の証拠は合意がどのように制定されるかにあるという警告があります。

ランベルティーニ氏は、「実施が遅れ、約束されたリソースを動員できなければ、それが台無しになる可能性があります」と述べています。

この協定はまた、生物多様性損失の主要な要因である生産と消費の削減に関する定量化可能な誓約が欠けていることでも批判されています。

契約には法的拘束力はありません。 各国は進捗状況を評価するための監視フレームワークに同意しましたが、「メカニズム全体が弱く見えるようにする拘束力のあるコミットメントはありません」とオックスフォード大学環境変化研究所の上級研究員であるイマ・オリベラス・メナーはロンドンのサイエンスメディアセンターに語った。

生物多様性目標の歴史は千差万別です。 世界は、10 年以上前に日本で設定された 20 の愛知生物多様性目標のうち、1 つの目標を完全に達成できませんでした。 一部の開発途上国は、最終合意で約束された資金調達レベルに失望を表明しています。

多くの人はまだ慎重ながらも楽観的です。

「今日採択された昆明・モントリオール協定は、現在地政学と不平等によって分断されている世界で、自然に回復への闘いのチャンスを与えます」と、WWF インターナショナルのグローバル ポリシーおよびアドボカシーのシニア ディレクターであるリン リーは述べています。

次回の生物多様性サミットは 2024 年に開催され、各国が生物多様性の損失を食い止めるための財政的コミットメントを強化することが期待されています。



Source link