教皇フランシスは、バチカンが保有するパルテノン神殿の大理石をギリシャに返還するよう命じた。 パルテノン ビー玉

hobokenobserver.com


教皇フランシスコは、バチカン美術館の教皇コレクションに 2 世紀にわたって収蔵されてきた 2,500 年前のパルテノン神殿の 3 つの作品をギリシャに返還することを決定しました。

バチカンは短い声明の中で、ローマ法王がギリシャ正教会の首長でギリシャの精神的指導者であるイエロニモス2世大司教に「寄付」として、また「エキュメニカルな道をたどりたいという彼の誠実な願望の具体的なしるしとして」与えたと述べた.真実の」。

パルテノン神殿の 3 つのフリーズとメトープの断片の 1 つであるひげを生やした男性の頭部で、バチカンからギリシャ正教会の首長であるイエロニモス 2 世大司教に「寄贈」される予定です。
あごひげを生やした男性の頭部は、バチカンからギリシャ正教会の首長に「寄贈」される。 写真: アテネ アクロポリス博物館配布資料/EPA

アテネのアクロポリスにあるパルテノン神殿は、紀元前 5 世紀に女神アテナの神殿として完成し、装飾的なフリーズには古代ギリシャ彫刻の最も優れた例がいくつか含まれています。

バチカンの 3 つの断片には、馬の頭、少年の頭、ひげを生やした男性の頭が含まれており、これらは 19 世紀からバチカンによって保持されてきました。 少年の頭は、2008 年にギリシャに 1 年間貸し出されていた。

彫刻をギリシャ正教会に「寄贈」し、ギリシャ国家に直接返却しないという決定は、バチカンが博物館の他の宝物に影響を与える可能性のある先例を設定することを避けるための方法であると広く見なされています。世界中の植民地化された国は、西洋の美術館が植民地化中に略奪された遺物や芸術作品を返還することを要求しています.

ギリシャ文化・スポーツ省は、教皇の「寛大な」決定に感謝の意を表し、この動きが大英博物館に圧力をかけることを望んでいる. アクロポリス博物館もこの決定を歓迎しました。 イエロニモスが小さな彫刻のためにどのような計画を立てているかはまだ明らかではありません。

バチカンの決定はまだ実行に時間がかかると予想されており、大英博物館にさらなる圧力をかける可能性があります。大英博物館は、エルジン・マーブルとしても知られているパルテノンの彫刻のより大きなコレクションを返還することを拒否しています。 1816 年以来の博物館の。

何十年もの間、ギリシャは英国に対し、2,500 年前の彫刻を永久に返還するよう訴えてきました。これらの彫刻は、英国の外交官であるエルギン卿が 19 世紀初頭に当時のギリシャの支配者であったオスマン帝国の駐在大使としてパルテノン神殿から撤去したものです。

大英博物館は、パルテノン神殿を飾った 160 メートルのフリーズの約半分を含むビー玉の返還を繰り返し否定し、合法的に入手したと主張している。

今月初め、博物館の管財人がビー玉の返還についてギリシャの首相と秘密会談を行ったことが明らかになりました。 ギリシャ政府は、差し迫った決定はないと述べたが、大英博物館は、「ギリシャとの新しいパルテノンのパートナーシップ」を望んでいたが、「私たちの共通の人間性のユニークな物語を語っているため、私たちの素晴らしいコレクションを解体するつもりはない」と述べた.

国連の文化機関であるユネスコは、ギリシャと英国に和解に達するよう促した。

AP通信がこのレポートに寄稿しました



Source link