最初の外国のCOVIDワクチンがドイツから中国に向かう


  • 中国に向かう途中のBioNTechショットのバッチ
  • ドイツ市民は撃たれます。 ベルリンはより広い使用を推進
  • 出荷は、先月ショルツが中国を訪問した後に行われます
  • 世界第2位の経済で感染が急増する中

[ベルリン 21日 ロイター] – ベルリン政府は新型コロナウイルスワクチンの最初のバッチを中国に送り、最初はドイツの駐在員に投与した、とドイツ政府の広報担当者は水曜日に述べた。国に届けました。

配信のタイミングとサイズに関する詳細は入手できなかったが、スポークスパーソンは、ベルリンは約20,000人と推定されるドイツ国民以外の外国人が、必要に応じてショットへのアクセスを許可されるよう求めていると述べた.

この出荷は、先月オラフ・ショルツ首相が北京を訪問した際に、ドイツの指導者が北京に対し、中国国民にも注射を自由に利用できるようにするよう圧力をかけた後、中国にいるドイツ国民が注射を受けることを許可することに合意した後に行われた。 .

中国本土のドイツ国民に送付される書簡の中で、政府は、基本的な予防接種と、欧州連合での使用が承認されたワクチンのブースターショットを12歳以上の人に無料で提供すると述べた.

他の国籍の家族は含まれません。 12 歳未満の子供の予防接種は後日行われる可能性があります。

「我々は、ドイツ人以外の外国人もBioNTechでワクチン接種できる可能性に取り組んでいる」とスポークスパーソンはベルリンのジャーナリストに語った.

ショットは中国のドイツ企業や大使館の場所に届けられ、他の国籍の市民にそれらを届けるために他のEU政府と協議が進行中である.

中国は、ドイツ国民を超えてアクセスを拡大することを承認する必要があるだろう、と情報筋は述べた。

その見返りとして、欧州に住む中国人は中国のSinoVac (SVA.O) のワクチンを接種できると広報担当者は述べた。

このコメントは、ドイツの保健省が中国の Sinovac COVID-19 ワクチンをドイツに輸入し、その国の中国人に投与することを許可したという今月初めの報告を受けてのものです。

このショットは、ヨーロッパの薬物規制当局によって使用が承認されていませんが、世界保健機関はその使用にゴーサインを出しています.

北京はこれまでのところ、西洋のmRNA技術ではなく、より伝統的な技術に基づいた国内生産のワクチンのみを使用することを主張してきた.

この出荷は、北京がロックダウンの厳格な「ゼロCOVID」体制を解体している最中に行われ、脆弱な医療システムが準備されていないことを発見したケースの急増につながりました.

専門家は、14 億人の人口を抱えるこの国で、来年 100 万人以上の COVID による死亡者が出る可能性があると予測しています。

ドイツの駐在員に西側のショットへのアクセスを許可することは、ベルリンにとって大きなジェスチャーであり、両国間の貿易と気候をめぐる長年の緊張の後、EU最大の経済国との関係を強化するための北京の努力を反映しています.

BioNTech の株式は出荷のニュースを受けて上昇し、フランクフルトで 2.3% 高で取引を終えた一方で、ファイザーのニューヨークの株式は早朝のニューヨーク取引で 1.25% 上昇しました。

BioNTech は、水曜日の状況についてすぐにコメントすることはできませんでした。

中国はCovid-19症例の増加と予防接種率の停滞の間で立ち往生しています

ウエスタンショットはありません

中国は、他のどの国よりも多く、国内で開発された 9 つの COVID ワクチンの使用が承認されています。 しかし、多くの先進国でファイザー・ビオンテックとモデルナ(MRNA.O)がブースターを開発しているように、感染性の高いオミクロンの亜種を標的とするように更新されたものはありません。

Pfizer-BioNTech と Moderna によって開発された 2 つのショットは、世界中で最も広く使用されています。

パンデミックの早い段階で、BioNTech は上海復星製薬 (600196.SS) と契約を結び、大中華圏にショットを供給することを視野に入れていました。

ショットは香港、マカオ、台湾で利用可能になりましたが、中国本土の規制審査は終了していません. BioNTech は、決定は中国の規制当局次第であると述べており、遅延の理由は明らかにしていません。

中国の新型コロナウイルスゼロ政策とロックダウン措置により、過去数か月間、死亡率と感染率は最小限に抑えられてきましたが、国内および世界の貿易とサプライチェーンの両方で大規模な混乱を引き起こしました.

中国は COVID による死亡者数の狭い定義を使用しており、火曜日の新たな死亡者数は報告されておらず、パンデミックが始まってからの全体的な集計を 1 つ上回り、現在は 5,241 人であり、人口のはるかに少ない多くの国の数分の 1 です。

国家保健委員会は火曜日に、ウイルスに感染した患者の肺炎と呼吸不全による死亡のみがCOVIDによる死亡として分類されると述べた。

Thomas Escritt、Alexander Ratz、Christian Kraemer による報告。 ミラノのダニロ・マソーニとロンドンのアマンダ・クーパーによる追加報告。 ミランダ・マレーによる執筆。 ジョセフィン・メイソンとデビッド・エヴァンスによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。

トーマス・エスクリット

トムソンロイター

反ワクチン接種者と COVID 治療慣行を調査し、難民キャンプについて報告し、ハーグでの武将の裁判を取材したベルリン特派員。 以前は、フィナンシャル タイムズで東ヨーロッパを取材していました。 彼はハンガリー語、ドイツ語、フランス語、オランダ語を話します。



Source link