沈没したタイの軍艦から行方不明の海兵隊員の捜索中に 6 人の遺体が発見された | タイ

hobokenobserver.com


タイ海軍は、小型軍艦がタイ湾で沈没した後、海兵隊員 6 人の遺体を発見した。 軍が中央海岸からヘリコプター、軍艦、無人ドローンを動員したため、月曜日に1人の海兵隊員が生きたまま救助されました。

HTMS スコータイが日曜日遅くに 4 メートルの波と強風によって倒された後、23 人が行方不明のままでした。 救命胴衣を着ていない人もいました。

「最新の人物は、船が沈没してから41時間後に発見され、生きていました。 ですから、そこにはまだ生きている人がいると信じています…私たちは捜索を続けます」と海軍の参謀長であるChonlathis Navanugraha提督は語った。

ヘリコプター、無人哨戒機 2 機、軍艦 4 機、C130 輸送機が海兵隊を発見するために派遣され、天候が回復しました。

同船は、バンサパン地区から約 20 海里離れた地点で浸水し、エンジンの故障に見舞われました。 米国製のコルベットは 1987 年から使用されており、105 人の軍人を乗せていました。

タイ湾の地図

乗船していたほとんどの人はボートが沈む前に救助されましたが、数十人がいかだや救命胴衣で船を放棄しなければなりませんでした。

沈没船の船長であるピチッチャイ・トゥアンナディー中佐は、いかだにスクランブルをかける前に2時間海にいたと述べ、月曜日に捜索チームによって発見されました。

「水面上のライフリングや人の頭のような小さなものを見ることは、大きな波で見るのは非常に困難です」と彼は言い、行方不明の船員は今では疲労している可能性が高いと付け加えた.水を踏んで、ベストのない人が浮かんでいることを確認してください。

海兵隊員の 1 人が月曜日遅くにブイにしがみついているのが発見されました。

「彼は10時間水に浮いていました。 彼はまだ意識を持っていたので、安全に彼を水から引き上げることができました」と捜索船の船長は言いました.

行方不明者の親族がレスキュー センターに集まり、愛する人たちの知らせを待っています。

行方不明の海兵サハラト・エサの叔母であるマリニー・プドフォンは、ボートが沈む前に甥と電話で話し、彼が救命胴衣を受け取っていないと聞いてショックを受けたと語った。

「21歳の体です」と彼女は言った。 「彼は十分に強くない。」

海軍長官のチューンチャイ・チョムチェンパエト提督は、船内に十分な救命胴衣がなかったという報告を含め、沈没について調査すると述べた。



Source link