WHOは、中国での深刻なCOVIDの報告について「非常に懸念している」


ジュネーブ (AP) — 世界保健機関の事務局長は、同国が「COVID ゼロ」政策をほぼ放棄した後、中国全土で深刻なコロナウイルス病の報告が増加していることについて「非常に懸念している」と述べ、ワクチン接種率の遅れにより、多数の脆弱な人々が感染します。

水曜日の記者会見で、WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は、国連機関は中国でのCOVID-19の重症度、特に病院や集中治療室への入院に関して、より多くの情報を必要としていると述べた。地上で。」

「WHOは、深刻な病気の報告が増えている中国での状況の変化を非常に懸念しています」とテドロスは述べました。 彼は、COVIDによる死亡者数は世界的なピークから90%以上減少しましたが、パンデミックが終わったと結論付けるにはまだウイルスに関する不確実性が多すぎると付け加えました.

一部の科学者は、中国での COVID-19 の未確認の拡散が新しい亜種の出現に拍車をかける可能性があると警告しており、パンデミックを封じ込めるために世界的に行われた進歩を解明する可能性があります。

「ワクチン接種は、オミクロンからの出口戦略です」とWHOの緊急事態担当責任者であるマイケル・ライアン博士は述べています。

ライアン氏は、中国での症例の爆発的な急増は、国の制限政策の多くが解除されたことだけが原因ではなく、COVID-19 でこれまでに見られた中で最も感染力の高い変種であるオミクロンの感染を止めることは不可能だったと述べました。

彼は、中国の60歳以上の人々のワクチン接種率は他の多くの国に遅れをとっており、中国製のワクチンの有効性は約50%であると述べた.

「脆弱な人々が非常に多い中国のような大規模な人口では、それは十分な保護ではありません」とライアンは言いました. 彼は、中国はここ数週間で人々にワクチンを接種する能力を劇的に高めたが、それで十分かどうかは不明だと付け加えた.

今日まで、中国は西側諸国製のメッセンジャー RNA ワクチンの認可を拒否してきた。 北京は、中国に住むドイツ人のために、BioNTech-Pfizerワクチンの出荷を輸入することを許可することに同意しました.

「第2波の影響と医療システムへの負担を実際に鈍らせるために、今後1週間または2週間で十分なワクチン接種ができるかどうかという問題が残っています」とライアンは言いました。

テドロス氏と同様に、WHO は重症疾患と入院の程度について十分な情報を持っていないと述べたが、COVID-19 に圧倒されたほぼすべての国が、そのようなリアルタイムのデータを共有するのに苦労していると述べた。

ライアンはまた、中国のCOVID死の定義を提案した 国は呼吸不全に苦しんでいる人々にそれを制限していると言って、あまりにも狭かった.

「COVIDで亡くなる人は、感染の深刻さを考えると、さまざまな(臓器)システムの障害で亡くなっています」とライアンは言いました。 「したがって、COVIDによる死亡の診断をCOVID陽性検査と呼吸不全のある人に限定すると、COVIDに関連する真の死亡者数を非常に過小評価することになります。」

たとえば、英国などの国では、COVID による死亡は、ウイルス検査で陽性になってから 28 日以内に死亡した人と定義されています。

世界的に、ほぼすべての国が COVID による死亡者数の数え方に取り組んでおり、公式の数字は大幅に過小評価されていると考えられています。 5月、WHOは推定 コロナウイルスによる死亡者数は、世界中で約 1,500 万人で、公式の死者数である 600 万人の 2 倍以上です。

___

AP のパンデミックに関する報道は、https://apnews.com/hub/coronavirus-pandemic でフォローしてください。



Source link