プーチン大統領は、ロシアはウクライナについて交渉する準備ができていると言います


  • プーチン大統領は西側がロシアを解体しようとしていると言う
  • 交渉を拒否した西側のキエフを非難
  • ウクライナ:プーチン大統領は現実に戻る必要がある
  • ロシア人の 99.9% が祖国を守る準備ができていると言います

[モスクワ 25日 ロイター] – ロシアはウクライナ戦争に関与するすべての当事者と交渉する用意があるが、キエフとその西側支持者は交渉に参加することを拒否した、とウラジーミル・プーチン大統領は日曜日に放映されたインタビューで述べた。

ロシアの 2 月 24 日のウクライナ侵攻は、ヨーロッパで第二次世界大戦以来最も致命的な紛争を引き起こし、1962 年のキューバ ミサイル危機以来、ロシアと西側の間で最大の対立を引き起こした。

これまでのところ、戦争の終わりはほとんど見えていません。

クレムリンは、すべての目的が達成されるまで戦うと述べているが、キエフは、ロシアが2014年に併合したクリミアを含むすべての領土からすべてのロシア兵が追い出されるまで休むことはないと述べている.

プーチン大統領はロシア国営テレビのインタビューで、「受け入れ可能な解決策について関係者全員と交渉する用意があるが、それは彼ら次第だ。交渉を拒否するのは私たちではなく、彼らだ」と語った。

CIA長官ウィリアム・バーンズは今月公開されたインタビューで、ほとんどの紛争は交渉で終わるが、CIAの評価は、ロシアは戦争を終わらせるための本当の交渉についてまだ真剣ではないと述べた.

ウクライナ大統領ヴォロディミル・ゼレンスキーの顧問は、プーチン大統領は現実に戻り、交渉を望んでいないのはロシアであることを認める必要があると述べた。

「ロシアは独力でウクライナを攻撃し、市民を殺している」とミハイロ・ポドリャクはツイッターで述べた。 「ロシアは交渉を望んでおらず、責任を回避しようとしている」

「他に選択肢はない」

プーチン大統領は、ロシアがウクライナで「正しい方向」に行動しているのは、米国が率いる西側諸国がロシアを分断しようとしているからだと述べた。 ワシントンは、ロシアの崩壊を企んでいることを否定している。

プーチン大統領は、「私たちは正しい方向に向かって行動していると信じている。私たちは国益、市民、国民の利益を守っている。市民を守る以外に選択肢はない」と述べた。

欧米との地政学的対立が危険なレベルに近づいているかとの質問に対し、プーチン大統領は「それほど危険だとは思わない」と答えた。

プーチン大統領は、西側が2014年にマイダン革命の抗議で親ロシア派の大統領を打倒することで、ウクライナでの紛争を開始したと述べた.

その革命の直後、ロシアはウクライナからクリミアを併合し、ロシアが支援する分離主義勢力がウクライナ東部でウクライナ軍との戦闘を開始した。

「実際、ここでの基本的なことは、ロシア、歴史的ロシアを引き離すことを目的とした、地政学的な反対者の政策です」とプーチンは言いました。

プーチン大統領は、ウクライナでの「特別軍事作戦」を、1991 年のソ連崩壊以来、ロシアを破壊しようとしてきたとプーチン大統領が言う西側諸国に、モスクワがついに立ち向かった分岐点の瞬間と呼んでいる。

ウクライナと西側諸国は、ウクライナ全土に苦しみと死をまき散らした帝国型の占領戦争として、プーチン大統領の主張を正当化することはできないと主張している。

プーチン大統領は、ロシアを「ユニークな国」と表現し、大多数の国民はロシアを守りたいと団結していると述べた.

プーチン大統領は、「主要な部分である99.9%の市民、祖国の利益のためにすべてを捧げる用意がある国民については、私にとって特別なことは何もない」と語った。

「これは、ロシアがユニークな国であり、私たちには並外れた人々がいるということを改めて確信させました。これは、ロシアの存在の歴史を通じて確認されています。」

キエフのパベル・ポリチュクによる追加報告ガレス・ジョーンズによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link