今年のクリスマスは「何か良いことをしなさい」と教皇フランシスコ



ローマ
CNN

教皇フランシスは、バチカン土曜日のサンピエトロ大聖堂でのクリスマスイブのミサで、今年のクリスマスに人々に「何か良いことをする」ように求めました。

「神は外見ではなく、具体性を望んでおられる」と教皇は語った。

「何か良いことをせずにこのクリスマスを過ぎてしまわないように。」

今月初め、フランシスは人々にクリスマスプレゼントへの支出を減らし、代わりにウクライナの人々にお金を寄付するように求めました.

バチカンは寄付のためのウェブページを開設し、イタリアのクラウドファンディング サイトと連携して、ウクライナの冬に防寒着を提供しています。

イタリアのクラウドファンディング サイト www.eppela.com は、すでに 188,000 ユーロ (200,000 ドル) 以上を獲得しています。 バチカンは、1月上旬まで寄付を集めていると述べた.

進行中のひざの問題のためにミサのほとんどで着席したままだったフランシスは、「戦争、貧困、不正によって食い尽くされた」子供たちについても話し、「お金、権力、喜びに飢えた世界」の犠牲者である.

教皇は、人生の状況に関係なく、人々が神をより身近に感じるよう奨励しました。

「神は飼い葉桶の中で生まれました。あなたがどん底に落ちたと思ったまさにその場所で生まれ変わることができるようにするためです」と彼は言いました。



Source link