教皇、クリスマス イブのミサで権力に飢えていることを非難し、ウクライナの紛争をほのめかしている。 教皇フランシスコ

hobokenobserver.com


教皇フランシスコは、厳粛なクリスマスイブのミサで、権力への貪欲と渇望のレベルは、ウクライナでの戦争に明らかに言及して、「隣人でさえも消費したい」と望んでいるほどであると警告した.

フランシスコは、彼の教皇の10回目のクリスマスを祝い、Covidのために数年間出席が制限された後、サンピエトロ大聖堂で約7,000人の収容人数の群衆を主宰しました.

比較的暖かい夜、サン ピエトロ広場の外に約 4,000 人が参加しました。

過去数か月間そうであったように、フランシスコは膝の病気のために長時間立つことができず、枢機卿をキリスト教世界最大の教会の祭壇での主任司祭に任命しました。

ミサの大部分で祭壇の横に座った彼は、さまざまなレベルでの貪欲と消費について語り、ごちそうを「パッケージ化」した消費主義を超えて、その意味を再発見し、戦争と貧困に苦しんでいる人々を思い出すよう人々に求めました。 .

「私たちの世界の男性と女性は、富と権力に飢え、隣人や兄弟姉妹さえも消費しています」と彼は言いました。 「私たちは何回戦争を見てきました! そして今日でも、人間の尊厳と自由が侮辱されている場所がどれほどあることか!」

2月にロシアが隣国に侵攻して以来、フランシスコはほぼすべての公の場で戦争に反対し、残虐行為や理由のない侵略を非難してきた。

彼は土曜日の夜にウクライナについて特に言及しませんでした.

「いつものように、この人間の貪欲さの主な犠牲者は、弱くて傷つきやすい人です」と彼は言いました。

「何よりも、戦争、貧困、不正によってむさぼり食われた子供たちのことを考えています。」

教皇は、飼い葉桶の中で生まれた幼子イエスと今日の貧困を比較して、次のように述べました。 彼がそこに来るのは、そこに私たちの人間性の問題、つまり貪欲に所有して消費することによって生み出される無関心を見るからです。」

教皇は今月初め、人々にクリスマスのお祝いや贈り物への支出を減らし、その差額をウクライナ人に送って冬を乗り切る手助けをするよう促した。

教皇は先週、86歳の誕生日を迎え、膝の病気を除けば、全体的に健康であるように見える.

日曜日に、彼はサンピエトロ大聖堂の中央バルコニーから下の広場にいる何万人もの人々に、年に 2 回の「Urbi et Orbi」(街と世界へ)の祝福を届ける予定です。



Source link