タイの軍艦: HTMS スコータイの沈没による死者数が 18 人に増加



バンコク、タイ
CNN

タイ海軍は日曜日、その週の初めに軍艦の沈没による死亡者数が 18 人に増加したと述べた。

HTMS スコータイは月曜日の早朝に悪天候で沈没し、タイ湾の嵐の海で数十人の乗組員が行方不明になりました。

11人の将校が行方不明のままであると、タイ王立海軍は日曜日の更新で述べた. 事故当時、乗船していた105人のうち、76人が救助されました。

船は沈没時に通常よりも 30 人多くの人を運んでおり、その全員に十分な救命胴衣がなかったと、タイ王立海軍大将 Cherngchai Chomcherngpat は火曜日に語った。

チャーンチャイ氏によると、船はタイ海軍の創設者への敬礼に参加していたため、追加の将校が乗船していたという。 乗組員は、「30 名の警官を追加するのに十分な救命胴衣がないという問題を十分に認識していました。 彼らは、救命胴衣を持っていない警官の命を救うことができる他のツールを使用しようとしました」と Cherngchai 氏は付け加えました。

救命胴衣を着用していない人の中には、膨脹可能ないかだに乗って逃げようとした人もいました。その中には、HTMS スコータイ号に保管されていた人もいれば、救助ヘリコプターや他の船によって投下された人もいました。

「救命胴衣の有無は、生存の可能性に影響しません」と提督は言いました。

彼は、海水が入り、その電源システムを無効にした後、船が沈んだと言いました。

当時の波の高さは 3 ~ 4 メートル (10 フィート ~ 13 フィート) で、水温は摂氏約 29 度 (華氏 84 度) でした。

Cherngchai によると、日曜日の午後 8 時 45 分頃、長さ 252 フィート (76.8 メートル) の軍艦の前部に水が浸入した。

浸水は 3 時間以上続き、最終的には船のエンジンと電気システムが停止し、ポンプで水を汲み出す努力ができなくなりました。

ヘリコプターに乗った救助隊は、船に水ポンプを降ろそうとしましたが、船が大きく傾き始めたため、その努力は阻止されました。

提督は、ほぼ 40 年前の船が公海を処理するのに適切な形状ではなかった可能性があるという提案を却下し、近年数回アップグレードされたと述べた.



Source link