ロシアの核兵器だけが西側の宣戦布告を防いでいる


デビッド・ユンググレン

[ロイター] – ウラジーミル・プーチン大統領の最大の同盟国であるウラジーミル・プーチン大統領の同盟国は、日曜日に公開された記事で、ロシアの核兵器と、モスクワがその使用のために定めた規則が、西側諸国が対ロシア戦争を開始することを妨げている唯一の要因であると述べた。

ドミトリー・メドベージェフ前大統領(現在はロシア安全保障理事会副議長)はまた、キエフの「嫌悪感を抱かせる、ほとんどファシスト政権」が撤去され、国が完全に非武装化されるまで、モスクワはウクライナでの戦争を追求すると述べた。

日曜日に別のインタビューでプーチン大統領は、ロシアは戦争に関与するすべての当事者と交渉する用意があると述べたが、キエフとその西側の支持者は交渉に参加することを拒否した.

2008年から2012年まで大統領としてリベラルな近代化を主張したメドベージェフは、戦争の最もタカ派的な支持者の1人です。 彼は定期的に西側諸国を非難しており、西側諸国はウクライナに利益をもたらすためにロシアを分裂させようとしていると非難している。

「西側は、核戦争を含む本格的な戦争を、キエフの手で、私たちに対して解き放つ準備ができていますか?」 彼は Rossiiskaya Gazeta 新聞に 4,500 語の記事を書きました。

「今日の敵を阻止する唯一の方法は、ロシアが核抑止に関する国家政策の基本に導かれることを理解することです。そして、本当の脅威が発生した場合、ロシアは彼らに対処します。」

プーチン大統領やその他の高官は、核兵器に関するロシアの政策は、領土保全に対する脅威がある場合に核兵器を使用できると規定していると繰り返し述べてきた。

専門家によると、ロシアは世界最大の核兵器の備蓄を有しており、弾頭は 6,000 発近くに達しています。

プーチン大統領は今月初め、核戦争のリスクが高まっていると述べたが、ロシアは「気が狂った」わけではなく、自国の核兵器を純粋に防御的な抑止力と見なしていると主張した.

メドベージェフ氏は「西側諸国は、ロシアを可能な限り侮辱し、侮辱し、バラバラにして破壊したいという燃えるような願望と、核による黙示録を回避したいという願望との間でバランスを取っている」と述べた。

ロシアが要求している安全保障の保証を得られなければ、「世界は第三次世界大戦と核の大惨事の瀬戸際でぐらつき続けるだろう。私たちはそれを防ぐためにできる限りのことをするだろう」.

メドベージェフはまた、ロシアは西側諸国との通常の関係を何年も、おそらく何十年も忘れて、代わりに世界の他の国々との関係に集中するだろうと述べた.

(David Ljunggren による報告、Leslie Adler による編集)



Source link