プーチン大統領は、ウクライナに関して「関係者全員と交渉する」準備ができていると言います


人々は日曜日にキエフのソフィア広場で最近ライトアップされたクリスマス ツリーの前で写真を撮ります。
人々は日曜日にキエフのソフィア広場で最近ライトアップされたクリスマス ツリーの前で写真を撮ります。 (ムスタファ・シフチ/アナドル・エージェンシー/ゲッティイメージズ)

キエフ中心部の人々は日曜日、首都のクリスマス ツリーの点灯を歓声で歓迎した。このツリーは 1 週間前に最初に点灯され、それ以来、毎晩点灯している。

クリスマス ツリーは、ウクライナの首都の中心にあるソフィア広場 (通常、クリスマス マーケットを含むクリスマスと新年の祝祭の伝統的な場所) にあります。

発電機を使ってツリーがライトアップされた瞬間、集まった多くの人が熱狂しました。

ウクライナの国旗のように青と黄色にライトアップされた高さ 12 メートルのツリーは、白い鳩で飾られ、2 月以降のプーチン大統領の戦争で荒廃した国の象徴であるウクライナの国章を表す装飾がトッピングされています。今年は24。

キエフのヴィタリー・クリチコ市長は今年初め、装飾は地元企業から100%資金提供され、ツリーは「省エネライト」で飾られると述べた.

ウクライナ第 2 の都市ハリコフ出身の IT スペシャリストである Ihor Zholudiev 氏は CNN に、この瞬間を「感動的」だと語った。

「通常、私たちはそれについてあまり満足していませんでした。 しかし、この困難な年、休日がほとんどなく、これらの休日が感じられないとき、このクリスマスツリーの照明は刺激的です。 本当にクリスマスのように感じます」と彼は CNN に語り、「新年、クリスマス、誕生日の願いは同じです。勝利と頭上の平和な空です」と付け加えました。

同じく広場にいたイホールとヴィクトリア夫妻も、彼の気持ちに共鳴した。

「私たちはロシア人が私たちの土地から離れることを望んでいます。それが唯一の願いです」と彼らはCNNに語り、今年のクリスマスと新年に「少しの光」を望んでいると付け加えた.

「私たちは子供と一緒にここに来ました。 彼女は空襲の中で生まれ、彼女にも幸せが必要です。 私たちの娘は生後9か月で、3月31日に生まれました」と彼らは言いました.



Source link