アジア太平洋株、中国、人民元、日銀、ハンセン指数


韓国は、輸出入がさらに減少すると予想される

ロイターが調査したエコノミストによると、12月の韓国の輸出の伸びは、年率換算で3か月目にあたると予想されている。

12月の平均輸出は年率ベースで10.1%減少すると予想されており、2020年5月以来最大の縮小となった11月に14%減少した後、わずかに改善しています。

エコノミストは、12 月の同国の輸入の伸びが 0.6% 低下し、約 67 億ドルの貿易赤字になると予想しています。

韓国は1月1日に貿易データを発表する予定です。

— リー・インシャン

第4四半期の出荷見通しを引き下げた後、ニオ株は急落

中国の主要都市でのCovidの発生によるサプライチェーンの混乱を理由に、同社が第4四半期の出荷見通しを引き下げた後、香港に上場している中国のEVメーカーNioの株式はアジアの取引時間で9.11%下落しました。

更新された配送ガイダンスによると、同社は現在、当初の予測である43,000〜48,000台から38,500〜39,500台の車両を配送する予定です。

ニューヨークに上場している同社の株式は、米国の取引時間中に 8% 下落しました。

— レベッカ・ピチョット、リー・インシャン

日銀、利回り曲線の許容度調整は金融政策の変更を意味しないと発言

日銀は、利回り曲線のコントロールの許容範囲を拡大するという最近の決定は、金融政策の方向性の変更を意味するものではないと繰り返し述べた.

「10年物国債利回りの変動幅を目標水準から拡大することは、金融緩和の方向性を変えることを意図したものではない」との見解を示した。

「現在の金融緩和をより持続可能なものにするための政策措置だ」と付け加えた。

日本の中央銀行は、2%のインフレ目標を見直すことは「適切ではない」と付け加えた。

「目標を曖昧にし、金融政策への対応を不十分にする可能性があるため、その値の修正は適切ではない」と述べた。

– イ・ジヘ

上海工場で生産停止が報告された後、テスラのアジアのサプライヤーは減少

アジアのテスラサプライヤーの株価は、同社の中国人労働者の間で新型コロナウイルス感染症の波が見られた後、同社の上海工場での生産が一時停止されたままであると伝えられているため、下落しました。

韓国のLG化学は3.66%安、日本は3.66%安。 パナソニック 初期のアジア取引で 0.31% 下落しました。 CATLとしても知られるコンテンポラリー・アンペレックス・テクノロジーの株価は3.39%下落した。

– イ・ジヘ

中国の経済活動再開とモスクワの石油販売禁止令が原油価格を下支え

原油価格は、中国の経済活動再開による潜在的な需要の押し上げと、米国が主導するロシア原油の上限価格設定に参加している国への石油販売を禁止するというモスクワの発表を背景に上昇した。

ブレント原油先物は 0.2% 上昇して 1 バレル 84.50 ドルになり、米国西部テキサス中部先物は 0.19% 上昇して 1 バレル 79.7 ドルになりました。

クレムリンのポータルサイトに掲載されたロシアのウラジーミル・プーチン大統領の命令によると、ロシア政府は、確立された禁止は「最終購入者までの販売のすべての段階に適用される」と述べた。

– リー・インシャン

米国、中国からの旅行者に対する新しい規則を検討

米国政府は、中国からの旅行者に新しいCovid規則を課すことを検討していると当局者は述べた.

「中国で進行中のCOVID-19の急増と、中国から報告されているウイルスのゲノム配列データを含む透明なデータの欠如について、国際社会で懸念が高まっている」と当局者は述べた。

これとは別に、日本は火曜日に、12月30日から中国からの訪問者に陰性のCovid検査を要求すると発表しました。

ここで全文を読んでください。

– イ・ジヘ

香港の再開株は中国の再開措置で上昇

中国の工場活動は3か月連続で縮小すると予想

12 月の中国の公式製造業購買担当者指数は土曜日に 48 になると予想されており、成長と縮小を分ける 50 ポイントを下回っています。

ロイターが世論調査したアナリストは、この数値は、国立統計局が発表した 11 月の数値から変わらないと予測しています。

PMI の測定値は連続しており、工場活動の月ごとの変化を表しています。

— リー・インシャン

テスラ、上海工場の生産停止を延長:ウォール・ストリート・ジャーナル

ウォールストリートジャーナルによると、テスラは土曜日に上海の工場で従業員の間でCovidが発生した後、生産を停止しました。

レポートによると、この決定は、予定されていた8日間の生産停止の延長として行われた. 電気自動車メーカーは、1 月 2 日に生産を再開することを従業員に通知したという。

テスラ 株価は終値で 11% 急落し、時間外取引でさらに下落し続けました。

—リー・インシャン、アレックス・ハリング

プラチナは 2009 年以来最高の四半期を達成

白金 は 2009 年以来最高の四半期に向けて順調に進んでおり、金属に関連する株も力強いパフォーマンスを示しています。

金属は、四半期の初めと比較して、ほぼ 19.86% 上昇しています。 これは、プラチナが 19.89% 上昇した 2009 年の第 1 四半期以来の最高のパフォーマンスです。

プラチナがその四半期を超えると、2008 年の最初の四半期以来最高の四半期になります。

プラチナに関連する株は順番に上昇しています。 この四半期中、 インパラプラチナ 31.7%追加されました。 アングロ・アメリカン・プラチナシバニエ・スティルウォーター 続いて、同じ期間にそれぞれ 21% と 17.6% を獲得しました。

プラチナ・インベストメント・カウンシルは、価格上昇の一部は、中国に輸入された金属の現物在庫に起因すると考えており、他の場所での供給が減少しています。

— アレックス・ハリング、ジーナ・フランコラ

投資家が中国の検疫の変更を歓迎する中、石油は3週間の高値を記録

投資家が中国のCovid制限緩和の最新ニュースで需要が回復するという期待をヘッジしたため、石油価格は3週間ぶりの高値に達しました。

ブレント原油 1.55ドル(1.9%)上昇して1バレル85.47ドルとなった。 米国西テキサス中間原油 1.37ドル(1.7%)高の80.93ドル。

どちらも、取引日の早い段階で 12 月 5 日以来見られなかった高値を記録しました。 中国の国家衛生健康委員会は月曜日、入国する旅行者に検疫を要求することをやめるだろうと述べた。投資家はこの動きを、グローバルなサプライチェーンと旅行を妨げてきたCovidの制限を撤回するための重要なステップと見なしている.

国が制限を緩和するにつれて、中国関連株が上昇する

米国の取引所で取引されている中国を拠点とする企業の株式は、国がCovidの制限を緩和したため、プレマーケットで上昇しました。 中国は、1月8日から旅行者の検疫要件を解除する計画を発表しました。

Alibaba の株価は 1.5% 上昇し、JD.com と Pinduoduo はそれぞれ 2% 以上上昇しました。

中国 ETF も上昇し、KraneShares CSI China Internet ETF はプレマーケットで 2.7% 上昇し、3 回の取引で初めて上昇しました。 iShares China Large-Cap と iShares China Large-Cap はそれぞれ 2% 増加しました。

このニュースはまた、プレマーケットでマカオ関連のカジノ株を上昇させた。 ラスベガス サンズは最後に 1.4% 上昇し、ウィンとメルコリゾーツはそれぞれ 2.5% と 4.2% 上昇しました。

— サマンサ・スビン

GMOによると、今後7年間で最も多くのリターンが見られる国際および新興市場の株式

グランサムの最新の月次予測によると、外国株、特に新興市場株、特に新興市場価値株は、インフレ調整後であっても、今後 7 年間で米国の大型および小型株をアウトパフォームする可能性が最も高くなります。 Mayo Van Otterloo & Co.

新興市場のバリュー株は、今後 7 年間で実質年率 9% のリターンを獲得する可能性が高く、新興市場株全体では年率 5.2% のリターンが予測されています。 国際的な小型株は実質 4.5% のリターンをもたらすと予測されていますが、国際的な大型株はインフレ後の年率 2.4% で収益を上げています。

米国の小型株はインフレ後に毎年 1.4% 縮小すると予測されており、米国の大型株は 7 年間にわたって毎年平均 1.8% 下落すると予測されており、米国は追いついていないと予測されています。

同様に、新興国市場の債券は最終的に最もパフォーマンスの良い債券クラスとなり、年間実質 3.5% のリターンをもたらす可能性が高く、米国の現金が +0.8%、米国のインフレ連動債が 0.3% と続きます。 為替エクスポージャーをヘッジする国際債券は年率 1.8% の損失、米国債は -0.3% のリターンになると予測されています。

2022年に株価が暴落したため、バリュエーションは改善し、将来のリターンの見通しは明るくなりました。 2022 年の初めに、GMO は、新興国市場のバリュー株を 7 年間で年間 +5%、新興国市場株を +2.2%、国際小型株を -1.2%、国際大型株を -2.5%、米国小型株を -6.5%、そして米国の大型株 -7.3%。

米国の現金は年初の損失額が最も少なく、今後 7 年間のインフレを見越して毎年 1.1% 減少すると予測されており、続いて -1.7% の新興市場国債、米国のインフレ連動債 (- 3.7%)、米国債 (-4.1%)、為替ヘッジ付き国際債券 (-4.7%)。

— スコット・シュニッパー

国債利回りが上昇

債券利回りは火曜日に上昇し、テクノロジーなどの成長株に圧力をかけました。

の利回り 10年国債 ノートは最後に11ベーシスポイント上昇し、3.854%でした。 の 2年国債 利回りは 4.402% で最後の取引に 8 ベーシス ポイント上昇しました。

利回りと価格は逆の関係にあります。 1 ベーシス ポイントは 0.01% に相当します。

金利の動きに影響されやすいハイテク株のナスダック総合は、1.2%安で取引された。

— サマンサ・スビン



Source link