スキャンダルに見舞われた日本の内閣の4人目のメンバーが辞任 | 日本

hobokenobserver.com


日本の岸田文夫首相は、スキャンダルに見舞われた内閣で 2 か月ぶりに辞任した 4 人目のメンバーとなった復興担当相の後、激しい政治的逆風に直面して今年を終えました。

野党議員が彼を選挙法違反で告発した後、秋葉研也は火曜日に辞任を発表した.

アキバの辞任後、岸田氏は記者団に対し、「任命者としての責任を重く受け止めている」と語った。 政治的責任を果たすことで、首相としての責務を全うしたい」と述べた。

日本のマスコミ報道によると、岸田氏はアキバ氏に効果的に辞任を命じたが、その理由の一部は、スキャンダルが予算案をめぐる議会での討論を妨害するのを防ぐためだった。中国と北朝鮮からの安全保障。

アキバは、政治資金や選挙資金の不正な取り扱いや、ムーニーズとして知られる統一教会と関係があるという申し立てを否定しています。

7月の安倍晋三元首相の暗殺以来、超保守派の宗教団体が自民党(LDP)の多数の政治家と関係があるという暴露が岸田を悩ませてきた.

安倍首相が奈良県西部の都市で選挙演説を行った際に射殺した疑いがある山上哲也は捜査官に対し、安倍首相を標的にしたのは、彼が自分の家族を破産させたと非難した教会と関係があると信じていたからだと語った.

共同通信によると、秋葉氏は教会との関係を否定しているが、彼が率いる自民党支部が、彼が主張したグループに関連する2つの団体に48,000円(299ポンド)を支払ったことを認めた.

岸田氏は統一教会の財政と組織の調査を命じ、今月には物議を醸す資金調達方法の犠牲者を助けるための新しい法律を支持したが、秋葉氏の辞任は彼の政治的判断に対する新たな批判を引き起こした.

経済再生大臣の山極大四郎氏は、教会との関係を説明できず、10月に辞任した. 先月、法務大臣の羽梨泰弘氏は死刑について下手な冗談を言って辞任し、総務大臣の寺田稔氏は政治資金スキャンダルで事実上解任された。

統一教会をめぐる継続中の論争は、内閣の支持率が 30% の「危険レベル」に近づき、岸田の党が春の地方選挙に潜在的に損害を与える可能性があることから、来年まで続くと予想される.

先週実施された共同世論調査によると、内閣支持率は 33.1% に落ち込み、昨年 10 月に岸田氏が首相に就任して以来の最低水準となった。



Source link