プーチン大統領は、世界のエネルギー市場が崩壊する中、石油価格の上限を弱体化させようとしています


原油価格の上限はロシアの収入に打撃を与えるだろう、とS&Pグローバルのダン・ヤーギンは言う

アナリストによると、ロシアが G7 価格上限を順守する国に対する石油輸出禁止を発表したことは、世界のエネルギー市場が新時代に突入したことを示す最新の兆候です。

しかし、市場は言葉ではなくデータと具体的な行動から手がかりを得ているため、原油価格に短期的な影響を与える可能性は低いとも指摘しています。

上限価格は 12 月 5 日に導入され、海路、保険、資金調達などの西側サービスを利用するトレーダーは、海上輸送のロシア産原油の価格を 1 バレルあたり 60 ドル以下にする必要があります。 フィンランドの精製会社ネステによると、ウラル原油は現在、1 バレルあたり約 50 ドルで取引されている。

ロシアは水曜日に、2月1日から、上限を順守する国に対して原油と石油製品を5か月間停止し、精製された石油製品を個別に禁止すると発表した。

S&Pグローバルのダン・ヤーギン副会長は火曜日、CNBCの「Squawk Box」で、プログラムが機能するかどうかについて懐疑的であるにもかかわらず、指導者たちはロシアの石油収入を減らしながら市場への石油の流れを維持する方法を見つけたと語った。

しかしその結果、現在の石油市場は「分断され、より政治的に緊張している」と彼は述べた。

「過去30年間、ソビエト連邦の崩壊以来、イランとベネズエラを除いて、経済に基づいて石油がほとんど動き回る世界市場がありました。」

「しかし今、ロシアの石油はもはや最大の市場であるヨーロッパに行くことができず、市場は分割されており、その石油は現在東に流れています。」

石油市場の次のサイクルは「かなり強い」:RBC Capital Markets

ヨーロッパ諸国は、2 月のロシアの一方的なウクライナ侵攻を受けて、石油とガスの代替供給源と新しいエネルギー安全保障の解決策を見つけようと躍起になっています。 EUは、米国、ノルウェー、サウジアラビア、イラクからの輸入を増やしたため、2022年第3四半期に石油の14.4%をロシアから入手し、前年比で10.5ポイント減少しました。

水曜日、ドイツ政府のスポークスパーソンはロイターに対し、モスクワの禁止はヨーロッパ最大のドイツ経済にとって「実質的な意味はない」と語った。

Hargreaves Lansdown の主任株式アナリストである Sophie Lund-Yates 氏は、禁止は「供給に関する不安に燃料を追加する」と述べた。 中国の再開が石油需要を増加させるように設定されているのと同じように、石油価格は上昇し続ける可能性が高いと彼女は電子メールでCNBCに語った.

しかし、彼女は次のように付け加えた:「輸出禁止はある程度、すでに織り込まれているでしょう。ロシアが、役に立たない政策を実施する国に圧力をかけることは、新しい戦術でも予想外の戦術でもありません。今日は思ったほど悪くなく、今後数週間で少なくとも部分的には落ち着くだろう.」

キャピタル・エコノミクスのコモディティ・エコノミスト、ビル・ウェザーバーン氏は、この動きはしばらくの間ロシアによって脅かされてきたため、当面の市場への影響は限定的であることに同意した。

彼はまた、米国とヨーロッパがロシアの海上原油輸入をすでに禁止しているため、これが当てはまるだろうと述べた。 ウラル原油は依然として60ドルを下回って取引されているため、インドと中国は上限を超えることなく輸入を続けることができます.

ブーム期

Rapidan Energy Group の Bob McNally 氏は、CNBC の「Squawk Box Asia」で、EU によるロシアの海上石油の禁輸、石油価格の上限、およびロシアの輸出禁止が、来年の供給に影響を与える最も重要な要因になると語り、「まったく新しい」シナリオを提示しました。

彼は、2023 年以降も石油市場のボラティリティが続くと予想しています。 ブレント原油先物は現在、年始に近い 1 バレルあたり 84 ドル前後で取引されていますが、3 月の日中取引で 1 バレルあたり 140 ドルに近づき、6 月には 1 バレルあたり 120 ドルを超えるなど、ジェットコースターに乗っています。

マクナリー氏は、市場は供給過剰を特徴とする約 7 年間の不況期を終えつつあり、予想よりも強い需要が見込まれる新たな数年にわたるブーム期のふもとにあると考えています。 それは地政学的およびマクロ経済的な大きな不確実性の中で展開し、OPEC+は市場のバランスをとるのに苦労するだろうと彼は言った.

2023年はおそらく石油市場にとって「かなり不安定な」年になるだろう、とエネルギーコンサルタント会社は言う

ロシアは原油と精製製品を合わせた世界最大の石油輸出国であり続けているため、新たな禁輸措置の影響は非常に大きくなる可能性があります。

しかしマクナリー氏は、2022年3月にロシアからの供給が停止されるという警告が価格を急騰させたが実現しなかったため、今のところ市場には「オオカミ少年」のような考え方があると主張した。

マクナリー氏は、「市場は、ロシアに関しては少し楽観的で、見れば信じるだろうと言っている」と述べた。

12月のロシアの海上原油輸出は前月比で約24%減少し、「それが起こり始めているが、市場は値を付けて反応する前にそれを見ることができるようになるまで待つだろう」と彼は付け加えた.



Source link