香港は日本に60,000人の旅行者に打撃を与えるために設定された空港の縁石を撤廃するよう要請


[香港 29日 ロイター] – 香港政府は日本に対し、金融ハブからの旅客便が指定された日本の4つの空港にのみ着陸することを要求する新型コロナウイルス感染症の制限を撤回するよう要請し、この決定は約6万人の乗客に影響を与えると述べた。

米国、インド、イタリア、台湾では、先月北京が厳格なゼロ COVID 政策を解除する決定を下した後、中国からの旅行者に COVID-19 検査を義務付けるようになり、中国本土での症例が急増しています。

700万人以上が住む香港では、毎日約2万人のコロナウイルス症例が記録されていますが、木曜日に3年ぶりにCOVID制限が解除されました。

香港の人々にとって最高の旅行先である日本は、金曜日から、香港、マカオ、中国本土から東京の2つの空港に加えて、大阪と名古屋へのフライトを制限すると発表した。 この決定は、旅行シーズンのピーク時に、1 月 22 日に始まる旧正月休暇の前に行われます。

「2022 年 12 月 30 日から 2023 年 1 月末までの間に、香港の航空会社の約 250 便が影響を受け、約 60,000 人の乗客に影響が及ぶと理解されている」と政府は水曜日遅くに声明で述べた。

市長のジョン・リー氏は、政府が日本政府に失望していることを示したと述べた。

「香港の人々は、これら4つの空港だけでなく、使用を許可されるべきだと考えています」とリー氏は語った.

政府は、「日本からの香港人のスムーズな帰国を確保し、事件による香港旅行者への影響を最小限に抑えるため」、香港航空のフライトは引き続き日本のさまざまな空港から香港に戻る乗客を運ぶことができると述べた。

香港の旗艦航空会社であるキャセイパシフィック航空 (0293.HK) は木曜日の声明で、日本へのフライトを引き続き運航するが、2023 年 1 月の予定スケジュールから 20% 減少し、週 65 便に減らすと述べた。

キャセイが所有する香港エクスプレスは、別の声明で、制限のために日本の目的地への週に60便の定期便しか運航できないと述べ、2023年1月に香港から日本への41便のキャンセルを促した.

香港航空とピーチ アビエーションは、規則のために一部のフライト ルートをキャンセルすると発表しました。

中国は 12 月に世界で最も厳格なロックダウンと大規模な検査による COVID 体制の解体を開始し、打撃を受けた経済を来年の完全な再開に向けて軌道に乗せました。

一部の国際的な健康専門家によると、制限の解除は、それらに対する広範な抗議に続いて、COVID がほとんどチェックされずに広がり、1 日に何百万人もの人々に感染する可能性があることを意味します。

Farah Master と Twinnie Siu によるレポート。 リンカーン・フィーストとスティーブン・コーツによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link