イスラエルは、国連の動きをめぐってパレスチナFMの旅行許可を取り消します


エルサレム (AP) — イスラエルは日曜日、一連の懲罰的措置の一環として、パレスチナ外相の VIP 旅行許可を取り消しました。 イスラエルの新しい強硬派政府が数日前に発表したパレスチナ人に対して。

リアド・マルキは声明の中で、イスラエルがVIP旅行許可を取り消したことを知らされたとき、ブラジル大統領の就任式から戻っていると述べた。これにより、パレスチナの高官は、通常のパレスチナ人よりも占領されたヨルダン川西岸をより簡単に出入りできるようになる. 他の当局者の許可も取り消されたかどうかは明らかではありませんでした。

金曜日、イスラエル政府は、パレスチナ人が国連の最高司法機関に圧力をかけたことへの報復として、パレスチナ人を罰する措置を承認した イスラエルの占領について意見を述べる。 国際司法裁判所の判決に拘束力はありませんが、世界の世論に影響を与える可能性があります。

この決定は、現政権が発足からわずか数日でパレスチナ人に対してすでに強硬路線を取っていることを浮き彫りにしている。 占領下のヨルダン川西岸地区で暴力が急増し、和平交渉は遠い記憶の中にあります。

イスラエルとパレスチナの緊張の発火点である東エルサレムで、イスラエル警察は、パレスチナ当局によって違法に資金提供されていると主張して、子供の教育に関するパレスチナ人の両親による会合を解散させたと述べた. 警察によると、この作戦は国家安全保障大臣のイタマール・ベン・グヴィルの命令で行われたという。、反アラブのレトリックとスタントの長い記録を持つ超国家主義者で、現在は警察を監督しています。

パレスチナ人は、マルキーの許可の取り消しを非難し、イスラエルは「国際法に対する違反で罰せられる」べきだと述べた。

ベンヤミン・ネタニヤフ首相は、日曜日の閣僚会議で、パレスチナ人に対する措置は、国連イスラエル国防省での「極端な反イスラエル」措置と彼が呼ぶものを目的としていると述べ、マルキーの許可が取り消されたことを確認した。 マルキ氏のオフィスは、マルキ氏は通常のパレスチナ人と同じように旅行することは依然として許可されていたが、列を迂回してイスラエルの検問所や西岸の交差点を通過してヨルダンにすばやく移動できる VIP 特権を失ったと述べた。

金曜日、政府の安全保障内閣は、イスラエルがパレスチナ当局から 3,900 万ドルを差し控え、代わりにその資金をパレスチナの過激派攻撃のイスラエルの犠牲者の家族のための補償プログラムに移すことを決定した。

また、イスラエルは通常、資金不足のPAに送金する収入をさらに差し引くと述べた。これは、イスラエルに対する攻撃に関与した過激派を含む、パレスチナ人囚人の家族と紛争で殺害された人々に当局が昨年支払った金額に等しい。 パレスチナの指導部は、支払いは必要な社会福祉であると説明しているが、イスラエルは、いわゆる殉教者基金が暴力を助長していると述べている. イスラエルの差し押さえられた資金は、PA の財政難を悪化させる恐れがあります。

治安内閣はまた、パレスチナの役人を直接標的にし、「イスラエルに対する政治的および法的戦争を主導しているVIP」への利益を否定すると述べた.

一方、イスラエルの新しい国防相、ヨアヴ・ギャラントは、パレスチナの高官3人からイスラエルへの入国を許可するVIP特権を剥奪すると述べた。 この動きは、イスラエル兵の殺害で40年間服役した後、先週刑務所から釈放されたイスラエルのアラブ市民を訪問した後に起こりました.

土曜日の警察の作戦は、Ben-Gvir が就任してから数日後のことでした。 警察は、両親の会合はパレスチナ当局が資金提供し、PA 活動家が出席したと主張し、イスラエルの法律に違反していると述べた。 警察は、会合の開催を阻止し、ベン・グヴィルの命令に従って活動していたと述べた。 警察は彼らの主張を裏付ける証拠を提供することを拒否し、Ben-Gvir のスポークスマンは質問を警察に伝えました。

会議を開催していたエルサレムの学生保護者委員会の責任者であるジアド・シャマリは、PAの関与を否定し、東エルサレムの学校の教師不足について話し合うために開催されたと述べた. 彼は、PAとの関係の主張を、会議を「禁止する政治的口実」と見なしていると述べた.

パレスチナ当局は、ガザと占領下の西岸の一部を管理するために設立されました。 イスラエルは、PA が東エルサレムで実施しているいかなる公務にも反対しており、警察は過去に、PA に関連していると主張した事件を解散させてきた。

イスラエルは、1967 年の中東戦争で東エルサレムを占領し、後に併合しましたが、この動きは国際社会のほとんどに認められていません。 イスラエルはこの都市を分割されていない永遠の首都と見なしています。 パレスチナ人は、希望する国家の首都として、市の東部を求めています。

市の人口の約 3 分の 1 はパレスチナ人であり、教育、住居、公共サービスなどで、イスラエル当局による無視と差別に長い間直面してきました。

___

テルアビブの AP ライター Tia Goldenberg がこのレポートに貢献しました。



Source link