インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、犠牲者が正義を要求する中、国の血なまぐさい過去を後悔していると言います


ジョコ・ウィドド大統領は水曜日、1960年代半ばの共産主義者と同調者と疑われる人々の大量殺戮にまでさかのぼる、インドネシアの植民地時代後の激動の過去における重大な人権侵害について、深い遺憾の意を表明した。

一部の歴史家や活動家によると、少なくとも 50 万人が、軍がクーデターを計画していると言った共産主義者の粛清を開始した 1965 年後半に始まった暴力で死亡した.

取り締まりの間、100 万人以上の人々が共産主義者の疑いで投獄され、1967 年にスハルト将軍はインドネシアの独立指導者であるスカルノ大統領を追放し、世界最大のイスラム教徒が多数を占める国を 30 年間支配し続けました。

一般にジョコウィとして知られるウィドド氏は、2014年に初めて権力の座についたときにこの問題を取り上げると約束し、インドネシアの血なまぐさい歴史を調査するために昨年委託したチームから最近報告を受けました。

彼は、1965 年から 2003 年までの期間にまたがる 11 件の人権侵害事件を挙げ、1990 年代後半のスハルト独裁政権に対する抗議行動中に、治安部隊のせいにされた学生の殺害と誘拐が含まれた。

「私は国家元首として、多くの出来事で深刻な人権侵害があったことを認めています」とウィドドは述べた。

「そして、これらの違反が発生したことを強く後悔しています。」

1998 年にジャカルタで発生した暴動では、多くの場合、中国人コミュニティを標的とした暴動が発生し、約 1,200 人が死亡しました。

また、1998 年の暴動では約 1,200 人が死亡し、多くの場合中国人コミュニティを標的にしていました。

ジョコウィ氏は、政府は被害者の権利を「司法による解決を否定することなく、公正かつ賢明に」回復するよう努めると述べたが、その方法については明らかにしなかった。

彼はまた、パプアの反乱地域での人権侵害と、アチェ州での暴動の際にも言及した。

被害者、その親族、権利団体は、ジョコウィ政権が過去の残虐行為の責任を問われることに真剣に取り組んでいるかどうかについて疑問を呈している.

権利活動家は、権利侵害の調査を担当する司法長官室が、しばしばそのような事件を却下していると指摘している.

「私にとって重要なことは、大統領が法廷で加害者の容疑者を裁判にかけ、重大な権利侵害が将来起こらないことを保証することです」と、元公務員のマリア・カタリーナ・スマルシは言いました。負傷した学生。

アムネスティ・インターナショナルのウスマン・ハミドは、被害者は賠償を受けるべきであり、過去の重大な犯罪は「司法手段を通じて」解決される必要があると述べた。

1965 年の流血の生存者をケアするグループのコーディネーターである Winarso は、大統領の承認は不十分であるが、虐殺についての議論の余地が生まれる可能性があると述べた。

「もしジョコウィ大統領が過去の人権侵害に真剣に取り組んでいるなら、彼は最初に、これらの大量殺戮を調査し、集団墓地を記録し、彼らの家族を見つけ、墓とその家族を照合し、同様に設立するための政府の努力を命じるべきです次に何をすべきかを決定する委員会だ」と、ヒューマン・ライツ・ウォッチのインドネシア調査員、アンドレアス・ハルソノは述べた。

議会が先月、物議を醸した刑法を批准した後、ジョコウィ政権は人権へのコミットメントについて批判に直面している.



Source link