数百万人の中国人労働者が金曜日の移動ピークを前に移動中


  • 現在、1 日あたり 50 万人が中国の国境を越えています
  • 中国は今や世界に開かれている – 国家指導者は世界経済フォーラムに語る
  • 医療従事者が高齢者への予防接種に駆けつける

[北京 18日 ロイター] – 中国の指導者たちが新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を動かそうとするなか、数百万人の都市労働者が水曜日、旧正月の大規模な移動の予想される金曜日のピークに先立って、中国全土で移動していた。

当局が先月、世界で最も厳しい COVID-19 規制の 3 年間を終了したとき、労働者は鉄道の駅や空港に殺到し、小さな町や田舎の家に向かい、ウイルスの感染拡大の恐れを引き起こしました。

エコノミストは、火曜日の新しいGDPデータが中国の急激な経済減速を確認した後、世界第2位の経済大国全体で消費の回復の兆しを見せている春節として知られるホリデーシーズンを精査している.

一部のアナリストは回復が遅いと予想しているが、中国の劉鶴副首相は火曜日にスイスで開催された世界経済フォーラムで、3年間のパンデミック隔離の後、中国は世界に開かれていると宣言した。

国家移民局の当局者は、1月8日に国境が開かれて以来、平均で1日あたり50万人が中国に出入りしていると述べた、と国営メディアは報じた。

しかし、当局がウイルスがピークに達したと言う上海などの大都市から労働者が殺到するにつれて、多くは、予防接種を受けていない高齢者がまだCOVIDにさらされておらず、医療システムが整っていない町や村に向かっています。

大型ローリングスーツケース、ギフトボックス

COVIDの急増が激化するにつれて、出発ゲートに向かうときにウイルスを頭から離している人もいました。

旅行者は北京と上海の鉄道駅と地下鉄を賑やかに行き来し、多くの人が食べ物や贈り物を詰めた大きな車輪付きのスーツケースや箱を運びました.

「以前は(COVID-19の流行について)少し心配していました」と、上海の虹橋駅で人混みの中で待っていた出稼ぎ労働者のジャン・ジグアンは語った。

「今はもう問題ではありません。感染しても大丈夫です。病気になるのは 2 日間だけです」と 30 歳の Jiang 氏はロイターに語った。

中国で最も人口の多い省の省都である広州南部の都市での感染率は現在85%を超えていると、地元の保健当局は水曜日に発表した.

より孤立した地域では、州の医療従事者が今週、いくつかの辺境の村で高齢者にワクチンを接種するために戸別訪問を行っており、国営新華社通信は火曜日の取り組みを「ラストマイル」と表現している。

田舎の村や町の診療所には現在、酸素供給器が装備されており、医療車両も孤立した地域に配備されています。

当局は土曜日に死亡者の大幅な増加を確認し、12月8日から1月12日までの間にCOVIDで60,000人近くが病院で死亡したと発表しましたが、国営メディアは、保健当局はまだ世界保健機関(WHO)に情報を提供する準備ができていないと報じました。現在探している余分なデータ。

具体的には、国連機関は、いわゆる過剰死亡率に関する情報を求めていると、WHOは火曜日のロイターへの声明で述べた.

人民日報が発行するナショナリズムのタブロイド紙である環球時報は、中国疾病管理予防センターがすでにそのようなデータを監視しているが、公表されるまでには時間がかかるだろうと述べた中国の専門家の言葉を引用した.

公立病院と私立病院の両方の医師は、死亡をCOVIDに帰することを積極的に思いとどまらせていた、とロイターは火曜日に報告した。

北京、北京、上海のニュースルームでのバーナード・オアによる報告。 追加報告 上海の Xihao Jiang による。 グレッグ・トロード著。 マイケル・ペリーによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link