人口が減少している国


中国の人口 60年以上ぶりに下落、火曜日に発表された数字によると。

しかし、それだけではありません。

多くの国、特にヨーロッパとアジアでは、昨年 7 月に国連が発表した 2100 年の予測が正しいと証明された場合、今後数十年で人口が減少することになります。 他の地域では、人口はすでに減少しています。

人口はすでに減少している

1,000 万人以上の人口を抱える 8 つの国では、過去 10 年間で人口が減少しています。 ほとんどがヨーロッパ人です。

ロシアの侵略により人口が激減したウクライナと並んで、イタリア、ポルトガル、ポーランド、ルーマニア、ギリシャの人口は減少傾向にあります。

これらの減少の背後には多くの理由があり、その中には各国固有のものもありますが、いずれも出生率が低く、女性が以前よりも平均して出産する赤ちゃんが少なくなっていることを意味しています。

世界銀行によると、これらの南ヨーロッパおよび東ヨーロッパ諸国では​​、女性 1 人あたり 1.2 から 1.6 人の子供の出生率が記録されています。 人口を安定させるには、出生率が 2 を超える必要があります。

この現象に加えて、ポーランド、ルーマニア、ギリシャでは大規模な移動が行われており、国内に留まる人よりも海外に出て生活する人の方が多い.

ヨーロッパ以外では、日本でも高齢者人口の減少が見られます。 これは主に、女性 1 人あたりの出生率が 1.3 人と低いことと、移民が少ないことが原因です。

日本は 2011 年から 2021 年の間に 300 万人以上を失いました。

中東についても同様です。 シリアでは、人口は10年以上にわたる激しい戦争によって壊滅的な打撃を受けており、何百万人もの難民が近隣諸国やその先へと逃れています。

シリア人権監視団(SOHR)は、戦闘で約606,000人の男性、女性、子供が死亡したと推定しています。

明日衰退するもの

現在、世界で最も人口の多い国である中国は、人口の高齢化が経済と社会に与える影響について何年も心配してきましたが、人口が減少することはほぼ10年間予想されていませんでした.

中国で現在人口が減少しているという火曜日の暴露は、今後数年間、人口に影響を与える永続的な傾向になると予測されています。

中国は 2100 年までに人口のほぼ半数を失い、14 億人以上の人口から 7 億 7,100 万人に激減すると予測されています。

ロシア、ドイツ、韓国、スペインはいずれもこの減少傾向に加わり、2030 年までに人口が減少し始めています。

ヨーロッパ全体の人口は、早ければこの 10 年間で減少し始めるでしょう。

ただし、いくつかの例外があります。

ヨーロッパ、アメリカ、アジアの人口はいずれも 2100 年までに減少し始めるはずですが、アフリカの人口は急増し続けるでしょう。

アフリカ大陸の人口は、2100 年までに 14 億人から 39 億人に増加します。現在の約 18% と比較して、世界人口の約 38% がアフリカに住むことになります。



Source link