ソウルの江南地区に隣接するスラム街で火災が発生し、数百人が避難


[ソウル 1月20日 ロイター] – 金曜、韓国の首都ソウルの貧民街の一部を火事が襲い、60軒の家屋が倒壊し、その多くは段ボールと木材で建てられたもので、約500人が避難を余儀なくされた。

ソウルの裕福な江南地区から幹線道路を渡ったところにあるスラム街、九竜村で夜明け前に噴火した火災は、救急隊が鎮火するのに 5 時間かかりました。 当局者は、これまでのところ死傷者は報告されていないと述べた。

約 1,000 人が暮らす九龍は、首都で最後に残った貧民街の 1 つであり、アジア第 4 位の経済大国における不平等の象徴となっています。

10 機のヘリコプターと数百人の消防士、警察、軍隊が消火活動に参加し、当局によると、九龍にある 600 軒以上の家屋のうち 10 軒に 1 軒近くが焼失したという。

「台所から閃光を見てドアを開けると、隣の家から炎が噴き出していました」とシンさん(72)は語った。

「だから私は近くのすべてのドアをノックして、『火事だ!』と叫びました。 それから119番に電話した」と彼女は言い、苗字だけを言った.

キム・ドゥチュンさん(60)は、家族は火事の影響を受けていないとロイターに語ったが、段ボールの家と狭い路地が原因で、村は常に災害の危険にさらされていたとロイターに語った.

「この地域で火災が発生した場合、迅速に対応しなければ村全体が危険にさらされる可能性があります。そのため、私たちは何十年も一緒に対応してきました」と、この地域に 30 年間住んでいるキムさんは言いました。

スラム街は長い間、火災や洪水の被害を受けやすく、安全と健康の問題が山積しています。

政府は 2014 年後半の大火の後、再開発と移転の計画を発表したが、土地所有者、住民、当局間の数十年にわたる綱引きの中で、これらの取り組みはほとんど進展していない。

ソウルと江南地区の市当局と国営開発業者は、九龍の私有地所有者に補償する方法をめぐって対立しており、居住者のほとんどが不法占拠者であり、移転と住宅に対する政府の支援を受ける権利があるかどうかについてはまだ合意していません。

ユン・ソクヨル大統領は、世界経済フォーラムのためにスイスに滞在中に火災について知らされ、より大きな災害を防ぐために全力を尽くすよう命じたと、彼のスポークスウーマンであるキム・ウネは述べた。

ソウル市のオ・セフン市長は、まだくすぶっている村を訪れ、影響を受けた家族の移転準備を当局に求めた。

シン・ヒョンヒの報告; クリスチャン・シュモリンガー、ジェリー・ドイル、サイモン・キャメロン・ムーアによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link