フィンランドは、NATO入札をめぐるトルコとの交渉にタイムアウトが必要だと言う


[ヘルシンキ 24日 ロイター] – フィンランドの外相は24日、フィンランドとスウェーデンのトルコとのNATO軍事同盟への加盟申請について、数週間のタイムアウトが必要だと述べた。

トルコの大統領は月曜日、週末にストックホルムのトルコ大使館の近くでコーランのコピーが燃やされるなどの抗議行動があったことを受けて、スウェーデンは自国の支援を期待すべきではないと述べた。

ペッカ・ハービスト外相はロイター通信の電話インタビューで、「三カ国協議に戻り、現在の状況が落ち着いた時点で状況を確認する前にタイムアウトが必要であり、まだ結論を出すことはできない」と語った。 .

「数週間の休憩があると思います。」

スウェーデンとフィンランドは、ロシアがウクライナに侵攻した後、昨年、北大西洋条約機構への加盟を申請しましたが、申請を進めるには現在のすべての NATO 加盟国からの支持が必要です。

しかし、トルコは、特にスウェーデンは、トルコ政府がテロリストと見なしているものに対して、より明確な立場を取らなければならないと述べている。主にクルド人過激派であり、2016 年のトルコでのクーデター未遂事件の責任者であるとトルコは非難している。

トルコのタイイップ・エルドアン大統領は月曜日、大統領選挙と議会選挙を1か月繰り上げて5月14日に行うと発表した。

Haavisto は、月曜日にトルコの Mevlut Cavusoglu 外相と会談したと述べた。

「もちろん、彼らは5月中旬に予定されている選挙からの圧力を感じており、そのため、当然のことながら、トルコでは多くの点で議論が過熱している.

フィンランドとスウェーデンは、同盟に同時に参加する計画を繰り返し表明しており、ハーヴィスト氏は、フィンランドが単独で参加するかどうかを検討する理由はないと述べた。

Essi Lehtoによるレポート。 Terje Solsvik、Andrew Heavens、Kevin Liffeyによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link