WHO、咳止めシロップによる死亡者の「即時行動」を促す


[ロンドン 23日 ロイター] – 世界保健機関(WHO)は、昨年、咳止めシロップが原因で子供が相次いで死亡したことを受け、汚染された医薬品から子供たちを守るための「即時かつ協調的な行動」を呼びかけた。

2022 年、ガンビア、インドネシア、ウズベキスタンで 300 人以上の子供 (主に 5 歳未満) が、汚染された医薬品に関連した急性腎障害で死亡した、と WHO は月曜日の声明で述べた。

薬、市販の咳止めシロップには、高レベルのジエチレングリコールとエチレングリコールが含まれていました.

「これらの汚染物質は、工業用溶剤や凍結防止剤として使用される有毒な化学物質であり、少量でも致命的であり、医薬品に含まれてはならない」と WHO は述べた。

上記の国と同様に、WHOは月曜日にロイターに、フィリピン、東ティモール、セネガル、カンボジアが医薬品を販売している可能性があるため、潜在的に影響を受ける可能性があると語った. これ以上の死亡を防ぐために、194 の加盟国全体で行動を起こすよう呼びかけました。

「これらは孤立した事件ではないため、WHOは、医療サプライチェーンに関与するさまざまな主要な利害関係者に、迅速かつ協調的な行動をとるよう呼びかけています」とWHOは述べました.

WHOはすでに10月と今月初めに特定の製品アラートを送信し、インドのメイデン・ファーマシューティカルズとマリオン・バイオテックが製造した咳止めシロップについて、棚から医薬品を撤去するよう求めており、ガンビアとウズベキスタンでの死亡にそれぞれ関連している.

また昨年、PT Yarindo Farmatama、PT Universal Pharmaceutical、PT Konimex、PT AFI Pharma の 4 つのインドネシアの製造業者が国内で販売した咳止めシロップについても警告を発した。

関与した企業は、調査が進行中である間、製品が汚染されたことを否定するか、コメントを拒否しました.

WHOは、上記のフラグが付けられた製品を流通から削除するよう求める声を繰り返し出し、各国に対し、販売される医薬品が管轄当局によって承認されることを保証するよう、より広く求めました。 また、政府と規制当局に対し、製造業者を検査し、市場監視を強化し、必要に応じて措置を講じるためのリソースを割り当てるよう求めました。

製造業者に対し、資格のあるサプライヤーからのみ原材料を購入し、製品をより徹底的にテストし、プロセスの記録を残すよう求めました。 サプライヤーと流通業者は偽造の兆候をチェックし、使用が許可された医薬品のみを流通または販売する必要があるとWHOは付け加えました。

ジェニファー・リグビーによる報告。 マーク・ハインリッヒとクリスティーナ・フィンチャーによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link