イギリスで何百人もの子供の亡命希望者が行方不明になったと政府が認める




CNN

英国のロバート・ジェンリック移民相は火曜日、この問題の調査を求める中、議会で国会議員らに対し、英国政府が国の亡命宿泊施設システムへの負担を理由にホテルに未成年者を収容し始めて以来、何百人もの子どもの亡命希望者が行方不明になっていると語った。

ジェンリック氏は火曜日、2021 年 7 月以降、約 200 人の子供が行方不明になっていると述べました。

政府のデータによると、200 人の行方不明の子供のうち約 13 人が 16 歳未満で、1 人は女性です。 行方不明者の大部分である 88% はアルバニア人で、残りの 12% はアフガニスタン、エジプト、インド、ベトナム、パキスタン、トルコ出身です。

ジェンリックは、2021 年 7 月の時点で未成年者を収容するために「特別なホテル」を使用する以外に、政府が「代替手段がない」ままにされた、イギリス海峡を通って英国に渡る移民船の増加が問題の原因であると非難しました。

ホテルの契約使用は一時的な解決策として想定されていたが、国境と移民の独立主任検査官からの報告によると、10 月の時点でまだ 4 軒が稼働しており、200 室を超える部屋が児童移民に指定されている。

英国の慈善団体や移民の権利団体は、同国の亡命制度が圧倒され、資金不足に陥っていることについて長い間不満を漏らしてきた。

英国で処理された亡命申請の数は近年崩壊しており、処理施設や仮設ホテルに閉じ込められて働くことができず、何ヶ月も何年もの間、人々を漠然としたままにし、英国の国境についての難解な議論を煽っています.

行方不明の移民の子供たちが最初に報道されたのは土曜日の英国メディアで、オブザーバー紙は、英国南部ブライトンにある英国内務省が運営するホテルから、亡命を希望している「数十人」の子供たちが「ギャング」に誘拐されたと報じた。

それ以来、野党労働党、人権団体の難民評議会、および地方自治体が緊急の行動を要求しており、この問題に対する緊急の調査を求める声が高まっています。

内務省はこれらの報道が真実ではないとし、内務省の広報担当者は CNN への声明で次のように述べています。

広報担当者は、「しっかりとした保護手順」が整っており、「子供が行方不明になると、地方当局は警察を含む機関と緊密に協力して、彼らの居場所を緊急に特定する」と付け加えた.

英国政府には同伴者のいない未成年者を拘束する権限がなく、ホテルを自由に出ることもできますが、ジェンリック氏は英国内務省の保護慣行を擁護し、ホテルを出入りする子供たちの記録が保管および監視されており、サポートワーカーが働いていると述べています。活動や社会的遠足で子供たちをサイト外に連れて行くための手。

「行方不明になった人の多くはその後追跡され、発見されました」とジェンリックは議会で語った。

野党労働党のイヴェット・クーパー内務長官は、議会への回答で人身売買業者を非難し、「子供たちは文字通り建物の外から拾われ、姿を消し、発見されていない. 彼らは人身売買業者によって路上から連れ去られています。」

クーパーは、子供や若者の安全を守るためにギャングを取り締まるために「緊急かつ真剣な行動」が必要であると述べました。

「グレーター・マンチェスター警察は、亡命ホテルや児童養護施設が組織犯罪者の標的になっていると警告していることを知っています。 そして今回のケースでは、ギャングが子どもたちをどこに連れて行けばよいかを知っているというパターンがここにはあり、多くの場合、そもそも彼らがここで子どもたちを人身売買していた可能性が高い」と彼女は付け加えた. 「犯罪ネットワークが関与しています。 政府はそれらを完全に阻止できていません。」

月曜日、英国の慈善団体Refugee Actionは、「安全を求めてこの国にやってきた子供たちが危害を加えられていることはスキャンダラスです。 最終的な責任は内務長官と、同情ではなく敵意に基づいて亡命制度を運営するという彼女の決定にあります」と彼らは付け加えました。

英国の慈善団体である難民評議会は、「200 人以上が行方不明になり、別居中の子供たちを法規定外の内務省の宿泊施設に収容し、危害を加える危険にさらしている慣行に深く懸念している」とツイートしました。



Source link