ドイツはウクライナへの重戦車の派遣を承認する、と情報筋は言う


  • ポーランド、キエフへの戦車供給をドイツに要請
  • 米国はエイブラムス戦車の提供に反対するかもしれません
  • 関係者のうち、ウクライナの 5 つの地域の知事が解任された
  • キエフ:ゼレンスキーの行動は正義を求める公の呼びかけに耳を傾ける
  • ウクライナは、春の攻勢が決定的なものになる可能性があると言います

[キエフ/ベルリン 1月24日 ロイター] – ドイツは、ロシアの侵略との戦いを支援し、ポーランドのような他の国々が同じことをできるようにするために、レオパルト2戦車をウクライナに送ることを決定した。この問題は火曜日にロイターに語った。

ドイツ政府のスポークスパーソンとベルリンの外務省と国防省はコメントを控えた。

キエフは、西側の戦車に対して、ロシアの防衛線を突破し、東と南の占領地を奪還するために、その軍隊に火力と機動性を与える必要があると何ヶ月も訴えてきた.

これとは別に火曜日、ウクライナはいくつかの主要な戦場の州の知事を含む十数人の高官を解任した。これは、ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領の政府による腐敗防止運動の一環であり、西側の支持者を傍観しておく必要があるため、より批判的になっている.

これに先立ち、ポーランドはドイツ政府に対し、ヒョウの一部をウクライナに送ることを許可するよう正式に要請したと発表しており、ドイツ政府は、NATO の主力戦車である重戦車の再輸出を許可するという待望の決定に近づきました。

また、2 人の米国当局者はロイターに対し、ワシントンはエイブラムス戦車の一部を派遣することへの反対を取り下げる可能性があると語った。

エイブラムスは、燃料消費量が多く維持が難しいため、ウクライナ向けのレオパルトよりも適していないと考えられていますが、この動きにより、ドイツがレオパルドを提供するようになる可能性があります。

ドイツのオラフ・ショルツ首相は、ロシアに戦争のエスカレートを促しかねない動きや、NATO 同盟が紛争に巻き込まれる危険性を懸念している。

ドイツの Leopards は、ヨーロッパ全土の軍隊によって配備されており、多数が利用可能で配備と保守が容易な最良の選択肢として広く見られています。

ドイツ軍の参謀総長は、戦車を送るかどうかは政治的な決定であると述べた。 高官は、最終的にショルツと彼の内閣が選択を決定すると述べた。

ウクライナ東部と南部を 1,000 キロ以上にわたって延びる戦争の最前線は、双方に多大な損失があったにもかかわらず、2 か月間大部分が凍結されています。 ロシアとウクライナはどちらも攻撃を計画していると広く信じられています。

リーダーシップパージ

ウクライナは長い間、高レベルの腐敗を根絶するのに苦労してきたが、ロシアの侵略によりキエフが西側の支援に大きく依存するようになり、政府が欧州連合への参加を求めているため、このキャンペーンは極めて重要な意味を持っている.

火曜日に辞任または解任されたウクライナの高官の中には、キエフ、スミ、ドニプロペトロウシク、ヘルソン、ザポリージャ地方の知事が含まれていた。 ヘルソン、ザポリージャ、および隣接するドニプロペトロウシクは現在、最前線の州です。 キエフとスミは、戦争初期の主要な戦場でした。

国防副大臣、副検察官、ゼレンスキー政権の副長官、地域開発を担当する副大臣2人も辞職した。

すべてではありませんが、一部は汚職疑惑に関連していました。 ウクライナには汚職と不安定な統治の歴史があり、西側諸国からの数十億ドルの援助の信頼できる管理人になり得ることを示すよう国際的な圧力を受けている。

ゼレンスキー大統領補佐官のミハイロ・ポドリャク氏はツイッターで、「大統領は社会を見て耳を傾けている。そして彼は、主要な国民の要求、つまりすべての人に正義を求めることに直接応えている」とツイートした。

パージは、インフラ副大臣が逮捕され、発電機を購入する契約から 400,000 ドルを吸い上げたとして告発された 2 日後に行われました。

国防省は、軍隊の供給を担当する国防副大臣のヴャチェスラフ・シャポヴァロフが、メディアによる汚職の虚偽の告発の後、信頼を維持するために辞任したと述べた。 それは、同省が軍の食糧を過大に支払ったという新聞報道に続いたが、同省はそれを否定した.

ゼレンスキーのオフィスの副首席補佐官であるキリロ・ティモシェンコも理由を挙げずに辞任を発表した. 彼は大統領の 2019 年の選挙運動を支援し、最近では地域政策を監督する役割を担っていました。

混乱が一連の発表で明らかになる中、Denys Shmyhal 首相は閣議で、ウクライナは腐敗防止キャンペーンを進めていると語った。 「これは、ウクライナにとって非常に必要であり、EUとの統合の不可欠な部分である、体系的で連続的な作業です」と彼は言いました。

昨年6月にウクライナに加盟候補国としての地位を提供した欧州連合は、この進展を歓迎した。

EUの広報担当者は、「原則として、進行中の犯罪捜査についてはコメントしないが、ウクライナ当局がこれらの問題を真剣に受け止めているという事実は歓迎する」と述べた。

ロイター支局による報道、ピーター・グラフとアレックス・リチャードソンによる執筆、ティモシー・ヘリテージとマーク・ハインリッヒによる編集

当社の基準: Thomson Reuters Trust Principles。



Source link