AP インタビュー: 教皇フランシスコ: 同性愛は犯罪ではない


バチカン市国 (AP) — フランシスコ法王は、同性愛を犯罪とする法律を「不当」と批判し、神はすべての子供たちをありのままに愛していると述べ、法律を支持するカトリックの司教たちに LGBTQ の人々を教会に迎えるよう呼びかけました。

「同性愛者であることは犯罪ではない」とフランシスは言った 火曜日のインタビュー中に AP通信と。

フランシスは、世界の一部の地域のカトリック司教が、同性愛を犯罪化したり、LGBTQ コミュニティを差別したりする法律を支持していることを認め、彼自身、この問題を「罪」という言葉で言及しました。 しかし、彼はそのような態度は文化的背景にあると考えており、特に司教は、すべての人の尊厳を認識するために変化のプロセスを経る必要があると述べた.

「これらの司教たちは改宗の過程を経なければならない」と彼は言い、「どうか、神が私たち一人一人に与えてくださったように、優しさ」を適用すべきであると付け加えました。

ヒューマン・ディグニティ・トラスト(The Human Dignity Trust)によると、世界の約 67 の国または管轄区域が合意に基づく同性間の性行為を犯罪としており、そのうち 11 か国は死刑を科すことができる、または課している。 専門家によると、法律が施行されていない地域でも、LGBTQ の人々に対する嫌がらせ、スティグマ、暴力を助長しているとのことです。

米国では、2003 年の最高裁判所の判決が違憲であると宣言したにもかかわらず、10 を超える州で反ソドミー法が制定されています。 同性愛者の権利擁護者は、時代遅れの法律が同性愛者に嫌がらせをするために使われていると言い、フロリダ州の「同性愛者とは言わない」法などの新しい法律を指摘しているこれは、LGBTQの人々を疎外しようとする継続的な取り組みの証拠として、幼稚園から3年生までの性的指向と性同一性に関する教育を禁止しています.

国連は、同性愛を完全に犯罪とする法律の廃止を繰り返し求めており、同性愛はプライバシーの権利と差別からの自由を侵害しており、性的指向に関係なく、すべての人々の人権を保護する国際法の下での国の義務に違反していると述べています。または性同一性。

そのような法律は「不当」であると宣言し、フランシスは、カトリック教会はそれらに終止符を打つことができるし、そうすべきだと述べた。 「こうしなければならない。 これを行う必要があります」と彼は言いました。

フランシスはカトリック教会のカテキズムを引用し、同性愛者は歓迎され、尊重されなければならず、取り残されたり差別されたりしてはならない.

「私たちはみな神の子供です。神は私たちのありのままの姿を愛し、私たち一人ひとりが尊厳のために戦う強さを愛してくださっています」

そのような法律はアフリカと中東で一般的であり、イギリスの植民地時代にさかのぼるか、イスラム法に触発されています. 一部のカトリック司教は、同性愛行為を「本質的に無秩序」であると見なすバチカンの教えと一致していると強く支持しており、他の司教は、基本的な人間の尊厳の侵害として、それらを覆すよう求めています.

2019年、フランシスは同性愛の犯罪化に反対する声明を発表することが期待されていた.

結局、教皇はグループと会わず、代わりに第2バチカンと会った.彼らは「すべての人間の尊厳とあらゆる形態の暴力に反対する」ことを再確認した.

火曜日、フランシスは、同性愛に関して犯罪と罪を区別する必要があると述べた.

「同性愛者であることは犯罪ではありません」と彼は言いました。 「犯罪ではありません。 はい、しかしそれは罪です。 いいけど、まず罪と犯罪を見分けよう」

「お互いに慈愛を欠くのも罪です」と彼は付け加えました。

カトリックの教えでは、同性愛者は敬意を持って扱われなければならないが、同性愛行為は「本質的に無秩序」であるとされています。 フランシスはその教えを変えていませんが、LGBTQ コミュニティに手を差し伸べることを教皇の特徴にしています。

彼の有名な2013年の宣言から始まります、「私は誰を判断するのですか?」 ゲイであるとされている司祭について尋ねられたとき、フランシスはゲイとトランスジェンダーのコミュニティに対して繰り返し公に奉仕を続けてきました。 ブエノスアイレスの大司教として、彼はカトリックの教義で禁止されている同性愛者の結婚を支持する代わりに、同性カップルに法的保護を与えることを支持しました.

そのような働きかけにもかかわらず、フランシスはカトリックの LGBTQ コミュニティから、「神は罪を祝福できないため」、教会は同性カップルを祝福することはできないというバチカンの教義事務所からの 2021 年の布告について批判されました。

バチカンは2008年、同性愛の非犯罪化を求める国連宣言への署名を拒否し、文書が当初の範囲を超えており、問題があると判断した「性的指向」と「性同一性」に関する文言も含まれていると訴えた。 当時の声明で、バチカンは各国に対し、同性愛者に対する「不当な差別」を回避し、同性愛者に対する罰則を廃止するよう求めました。



Source link