地震の後、内戦に見舞われたシリア人は援助を得るのに苦労し、再建する


アタレブ、シリア (AP) — 何年にもわたる戦争の後、大規模な地震に見舞われたシリア北西部の地域の住民は、新たに悪化する現実に取り組んでいます。

壊滅的なマグニチュード 7.8 の地震がシリア北部と近隣のトルコを襲ってからほぼ 1 週間後、国連は、シリア地震の犠牲者を支援する国際的な失敗を認めました。

政府軍との何年にもわたる戦闘の後、シリアの反乱軍がまだ保持しているアタレブの町で、生存者は日曜日に破壊された家のがれきを掘り起こし、粉々になった生活の残骸を拾い、一連の一連の最新の生活の後に癒す方法を探しました。戦争で荒廃した地域を襲う人道的災害。

掘削機ががれきを持ち上げ、地元の男性がシャベルとピックで破壊された柱を持ち上げて、解体された建物を平らにしました。

新たに避難を余儀なくされた数十世帯が、地元のボランティアや地元の野党が運営する政府からの温かい食事の配給のために集まりました。 民間人がテントからテントへと移動し、その場しのぎのキャンプで各家族に約 18 ドル相当の現金を配りました。

地元のシリア人は、何年にもわたる危機の中で磨いてきたことを行っていました。

「私たちは自分たちの傷をなめているのです」とヘクマト・ハムードは語った。彼は進行中のシリア内戦で 2 度家を追われた後、何時間もがれきの下敷きになっていることに気がついた。

月曜日に発生した大地震は、反乱軍が支配するシリア北西部の飛び地に大きな打撃を与えました。そこでは、400 万人以上の人々が何年にもわたって無慈悲な空爆とはびこる貧困に対処するのに苦労してきました。

多くの人が進行中の紛争から国内避難民となり、密集したテント集落に住んでいます。 この地震により、この地域では 2,000 人以上が死亡し、さらに多くの人々が再び避難し、極寒の冬の天候でオリーブの木の下で眠ることを余儀なくされました。

日曜日にトルコとシリアの国境を訪れたマーティン・グリフィス国連人道問題担当事務次長は、声明の中で、シリア人が「到着していない国際的な支援を求めて」取り残されていることを認めた。

「私たちはこれまで、シリア北西部の人々を失望させてきました。 彼らが見捨てられたと感じているのは当然だ」と彼は言った。

「私の義務と義務は、この失敗をできるだけ早く修正することです。」

シリア北西部は生存のための援助にほぼ完全に依存していますが、地震後の国際援助はこの地域に届くのが遅かった. トルコからこの地域に到着した最初の国連輸送隊は、地震から 3 日後の木曜日でした。

それ以前は、トルコとシリアの国境にあるバブ・アル・ハワ検問所を通過する唯一の貨物は、埋葬のために帰宅する地震の犠牲者の死体の絶え間ない流れでした — 自国での戦争を逃れ、トルコに定住したが死亡したシリア難民地震で。

トルコからシリアに送られた国連の支援物資は、バブ・アル・ハワの交差点からのみ入ることが許可されており、地震の後、交差点への道路は通行不能になった。 シリア政府が支配する地域から北西部の反乱軍が支配する地域に国際援助を送ることもできますが、これには独自のハードルがあります。

バッシャール・アサド大統領の政府に対する批判者は、シリアの政府が保有する地域に注ぎ込まれた援助は官僚主義に直面しており、当局が援助を流用したり、政府に近い人々を支援するために転用したりするリスクに直面していると述べています。

日曜日に反政府勢力が支配するイドリブに入る予定だった国連援助物資を運ぶ車列は、反政府グループのハヤト・タハリール・アル・シャムによってその進入が阻止された後、キャンセルされた。 HTS とつながりのある解放地域政治局は、2 日前の声明で、「解放地域には犯罪政権との国境はない」と述べていた。 バブ・アル・ハワは、人道支援が入ることができる唯一の交差点であると主張した.

シリア北部のストリップは、時には対立するグループのパッチワークによって保持されており、援助の提供をさらに妨げています. トルコが支援する反政府勢力は、米国が支援する近隣地域のライバルのクルド人グループによって派遣された地震の犠牲者に援助車列が到達するのを阻止した。

日曜日にダマスカスに上陸したゲイル・ペダーセン国連シリア特使は、記者団に次のように語った。 今こそ、シリアの人々を支援するための共通の努力の背後で団結する時です。」

援助は北西部に届くのが遅かったが、シリアの内戦中にダマスカスとの関係を断ち切った多くの国が政府地域に援助を送った. エジプトやアラブ首長国連邦を含むアラブ諸国が介入し、UAEの外相がダマスカスを訪問し、日曜日にアサドと会談した.

反乱軍が支配する北西部で活動している市民防衛グループであるホワイト・ヘルメットの責任者であるレイド・アル・サーレは、声明の中で、グリフィスの訪問は「少なすぎ、遅すぎた」と述べた。

アル・サーレハはグリフィスと会談し、国連安全保障理事会の承認を待たずに援助が入るための追加の国境を越えたルートを開くことを要求した。

サレハ氏は、国際支援を求める地元の救助隊の呼びかけは何日も無視され、「この間、数え切れないほどの人命が不必要に失われた」と語った。

「国連が、人道的大惨事に直面しているシリア人の命を救うために迅速に行動しなかったことは、まったく恥ずべきことであり、国連の良心に傷を負わせるべきです」と彼は言いました。

国際救援委員会のデイビッド・ミリバンド委員長は、米放送局ABCに対し、シリア危機から「世界は前進した」と語った。

「しかし、危機は解決されておらず、忘れられた危機は解決された危機ではありません」と彼は言い、戦争がシリア人を「危機に瀕」させたので、自然災害が襲ったとき、彼らは「絶壁に押し込まれた」と付け加えた. 」

___

ベイルートにいる AP 通信のライター、カリーム・チェハイエブとアビー・シーウェルがこのレポートに寄稿しました。



Source link